汗かきが原因で人と人との関係に自信がない

私は子どもの頃からよく汗をかく性質でした。

他の人からすると気にしなくても良いくらいらしいのですが、私のお姉さんが大変な汗っかきさんなのです。

汗をかく時期はエアコンがないところなんてとてもいれません。

一度だけグレーのタンクトップで掃除機をかけていたのを見たのですが、びちょびちょになっていました。

姉のそんな様子をずっと見て育ってきましたので、他人の視線に不安を感じるのです。

そのため、人と人との関係に自信がないのです。

汗くさいって思われないかな、汗かき女と思われていないかなとどうしても不安になってしまうんです。

昔からのお友だち、気の知れたお友達からはそんなに心配しなくても大丈夫って言われているので、私だけが気に掛け過ぎなのかなと思うくらいなのです。

汗かきという物は判断基準になるものがありません。

体重とか体脂肪みたいにシンプルに数値で表示することは無理なので、自分の臭いレベルがどの程度なのかという事が分からなくて気になってしまいます。

 

体質だと思うのですが顔や頭に汗をよくかきます。

今現在私は、更年期の症状がありこれが原因で突然の滝のような顔にかく汗の事で悩んでいます。

また、五年位前整体院の仕事を始めたことで気が付いたのですが、これ以外にも緊張した時にも汗をかくのです。

客商売なので、初めて受診されるひとと会話をする場合にそんなに暑くない日であっても知らぬ間に額に発汗していたことがあったのです。

そうなると、ホントに困るんです。

緊張性の汗の場合良くない汗のような感じでベチョッとしており臭ってきそうな感じなので、いろんなアセの予防をしたのです。

体温が上がるのを抑止するのにうなじを冷やしてみたり、京都の舞妓さんの知恵というものがあり、胸腺に帯を巻き付けると巻き付けた部分よりも下に汗をかくので顔から発汗しなくなると知り試してみたのです。

それは緊張して出てくる汗には効き目はありませんでした。

近頃悩みの種なのが更年期によると思われるいきなりの汗です。

だけどこの汗の場合は婦人科でパッチ式のホルモン薬で抑えることが出来ると聞いたのです。

これは試しに貼ってみたいですね。

出来れば仕事で問題があってはいけないのでどうにかしたい問題です。

 

日本には自慢の時節があるのですけど、自分の場合は夏の時期がキライです。

その理由は自分が大変な汗かきさんだからなのです。

わたくしが汗で悩み始めたのは中学の時。

その中学校は自宅から結構距離があったので、自転車で学校に行っていました。

中学までの道は上り坂がたくさんあって、暑い季節は常に汗びっしょり。

起きる時間を早くして鏡の前で必死になってセットした髪型も、到着する頃には汗をかいたせいで悲惨な状態になってしまい、青春期のわたしは非常に困っていたのです。

そんな中学時代をなんとか過ごし、高校に通いだした私に「汗のニオイ」といった違う悩みができました。

スクールにはエアコンはついておらず教室の中は大変暑いので、授業時間は苦痛な時間です。

体育の時間は、通気の良くない体育館でスポーツをする時は悲惨な時間でした。

汗をにおわなくしてくれるスプレーやデオドラントシートは必要不可欠で、当時の私にしてみれば経済的に大きな負担となっていました。

こうした悩みは社会人となった現在でも続いています。

学生の頃以上に身支度に気を使わなければならない社会人なので、汗の匂いの困り事は大きくなってしまったのです。

心配し過ぎても良くないので、体質から変えてみようと思い毎日運動していますが、早く効果が出て欲しいと願っているところです。

大変なニオイがするので買い物をしたくなくなる

日頃よく買い物に行っているスーパーに体臭のひどい従業員がいます。

いつもそこに行くと見るのですけど、毎回匂うので気になります。

間違いなくほかのお客さんたちの中でも気になっている方がいると思います。

少しだけ臭うということなら気になりませんが、大変なニオイがするので買い物をしたくなくなるのです。

その方は分からないのかな?とっても臭うので分かると思うんですが…。

分からなかったとしても上司が指摘するべきですよね。

お惣菜売り場や野菜売り場で何かをしているのを見ると買い物をする気にはとうていなれません。

この間鮮魚コーナーでそのスタッフが品出しをしていた時のこと、生臭いニオイと体臭がミックスされて悪臭がした記憶があります。

店員さんの恰好や体臭などの指導は徹底してほしいと思いました。

工事現場や室外で作業している人であればまだいいのですけど、食品を売っているスーパーでの恰好や体臭は大切ではないでしょうか。

どうしても体臭が改善されないスタッフがいるのなら、表に出ない仕事での仕事に変えるとか対応してほしいと思います。

 

夫の「体臭」は強烈ではありませんが、寝間着や布団カバー等から漂ってくる「加齢臭」が気に掛かります。

しかも年齢が増すごとに徐々に「加齢臭」が増しているように感じるので、どうにかしないとと考えはじめ、そういう臭いに効く石鹸を旦那用に用意しました。

足元も臭わないし、わきが臭う訳でもないのですが、主人が着ていたシャツは矢張り「加齢臭」の臭いがします。

どっちかっていうときれい好きな性格なので、シャツも1回身につけたものは必ず洗います。

頻繁に洗濯するようにしているのですが、枕カバーや布団にはニオイが溜りやすいです。

ニオイがプンプンする時には消臭スプレーやエアフレッシュナーを使っていますが、やはり一番いいのはシーツ替えをする事です。

中年特有の「体臭」は眠っている時間帯に出るみたいで、どういう訳か主人の枕カバー等はなんだか黄ばんでいます。

服の脇下も薄らと変色しているので、おそらくその黄ばみを起こす体液が体臭の原因なんだろうなあ、と推測しています。

汗ばむ陽気が続くと、主人も気になるようで、ボディーシートをバッグに入れておいて両脇や首の汗を頻繁に拭き取っています。

 

脇臭が凄い人の誘いで外食をした事があるのですが、評判のお店だったにもかかわらずまずく感じてしまった事があります。

美味しそうな料理が運ばれてきても、脇下のニオイが強くって、これがまたすぐには消えません。

近くにいることで体臭が鼻に入ってきて食欲不振に陥ったこともあります。

解決法ってないんですかね?ハッキリ言ってしまうのがいいとは言い切れませんが、それこそ飲食店や介護士、講師、幼稚園の先生、添乗員、物理療法士、小売販売店など人に近寄る事がおおい仕事内容の人は、先生に診てもらうか、自分でニオイケアをした方がいいでしょう。

もし本人が意識できていないようであれば、それは友人がちゃんと教えてあげるべきです。

黙っていてもだれの得にもなりません。

どう教えてあげるのがいいのか思いやりのある伝達方法を我々で考えていくべきだと思います。

「わきが」の方だけじゃなく、誰しも汗をかいたら汗のニオイがしてきたりします。

そこは当たり前なんです。

だから、なるべく周囲の人を不快にさせないように対策を立てていくことが重要です。

電車通学で満員だと汗が垂れる

私自身はちいさいころから汗をよくかく体質に嫌気がさしていました。

電車通学で満員だと汗が垂れるのです。

傍にいる人が私の事を「クサイ」と不快に感じていないか、心配していたのです。

高校生の時夏の時期にお友だちとお出かけした際に、その子たちがわたしのわきの部分をチラチラとみていたのです。

いつの間にか、シャツの脇に汗じみができていて、恥ずかしくなりました。

お仕事をしていた時には、駅から徒歩10分圏内の家に住んでいたのですが、夏は家できっちりと化粧をしても、駅へ到着する頃には汗で崩れてしまうのです。

夏だけじゃなく、緊張すると汗だくになるのです。

家庭教師のアルバイトをしていたとき、初日は緊張していて汗が流れていました。

代謝が良いと思えば良いのでしょう。

でも女性ですので、恥ずかしい事なのです。

人生における経験から、私なりに汗対策もしているのです。

脇には汗取り用のパットを貼っています。

グレーカラーの洋服がいちばん汗染みが目立ってしまうので汗を取るシートは欠かす事ができません。

汗ばむ季節はいつもお化粧直しをして、ミニタオルは必須アイテムです。

 

多汗症な私は暑い夏が終わると心が安らぎます。

だけどホッとするのも秋限定で、冬の時期になってもまたもや汗で悩まされます。

喫茶店やデパートなどの店舗に入ると、汗が出てくるのです。

外で冷やされたからだが暖かい屋内に入って汗がでて、その汗が意外と止まってくれない!当然メイクは崩れるし足が蒸れてくるのも分かるし、みんな涼しげな顔で買い物をしてるのに自分はミニタオルで汗を拭きながらで恥ずかしくなってしまいます。

「治まれ!」と思っても止まらず焦れば焦るほど汗が出てくる負のスパイラルにここ最近は半分諦めています。

どうにかせめて顔にはかかないようになりたいけれど、体質だと思うので打つ手はないのかなと落ち込んでいます。

でも体質なのだと考えていたのですが、出産してからますます汗をよくかくようになった気がしているのです。

その前までは汗をかいてもあっという間に治まってた気がします。

「寒いのを理由に重ね着し過ぎない、汗臭がしないようにきれいにする、汗の臭いを懸念して香水などを使い過ぎない」以上はわたくしが日頃から心がけている事になります。

今年も寒い季節になりますがまた汗と戦いたいと思います。

 

ワキガの人でなくても、摂取する物によって体臭というものは少なからずあります。

ご自身でも近ごろどことなく臭いような気がするという方は、食事内容のチェックが必要かも知れません。

どうしてかというと、「体臭」に出やすい食べ物というものがあり、たいがいはこういった食材の摂りすぎによるものだったりします。

代表的な物で言えば唐辛子類です。

とうがらし等は代謝促進の作用があり汗腺を刺激してくれるものなのですが、雑菌が繁殖しやすくなって汗が臭くなる原因となってしまうのです。

摂りすぎなければ、健康にもいい香辛料ですが、過剰に摂取すると体が臭くなりやすのです。

加えて、香辛料が好きな人は日常的に辛いものを食べるという方も多いと思いますが、とりすぎて胃腸を痛めたりすると、汗臭だけじゃなく口臭も強くなってしまいます。

もしこの頃、唐辛子を摂る量が多いかもと思ったら、半月ほど辛い食べ物を絶つとスキンコンディションも良くなり化粧のノリもよくなっていくことでしょう。

汗には老廃物を出すという役割もあるので、発汗作用のある唐辛子類を食べると、お肌が荒れやすくなるのです。

夏が終わっても気温が高い日はあるので、外出していて発汗することもあると思います。

ですから秋でも、身体の臭いに関しては気を配っていきたいですね。

 

真夏などに自転車通勤をしているとかなり汗が臭いなと思います。

特に、滅多に洗わないバックパックなどは臭く感じる事が多いです。

本日もデオドラントスプレーをバッグにスプレーしました。

それで臭いが消えました。

けれど、何日も洗っていない鞄類には雑菌が増える条件が揃っている気がして、不衛生だなと思ってしまいます。

バッグやリュックは頻繁に洗浄する事をオススメします。

大変ですが、清潔にすると大変スッキリしますし、臭さも取れてバイ菌退治にもなります。

菌が繁殖しやすいのは、肩にあたるショルダーベルトの所と、背中と接しているところです。

こういった所は汗が溜る一方なので、とくに夏場はとても匂いやすくなりますし、雑菌の繁殖条件も整ってしまい、とても汚れます。

鞄の洗濯方法ですが、自分は洗濯機用の洗剤で、手洗いしています。

カバン類は乾きにくいので干すのにもコツがいります。

生乾きはニオイの元ともなるのでキチンと乾かす事をオススメします。

 

服が臭う時には洗濯すれば大丈夫と思えるのですが、帽子類はなかなかクリーニング出来ないので悩みます。

急に、よく被っている帽子の臭いが鼻を襲ってきてびっくりしたなんて事ありませんか?自分は、お気に入りの帽子の臭いに気付いて、ビックリした経験があります。

なぜ今まで気がつかなかったんだろう・・・。

みんなは、とっくに気付いていたのかもと非常に恥ずかしくなりました。

洗濯したら形崩れしちゃうし、どうすればこの臭さが消えるのかしらと考えました。

そう考えつつも、気に入っているハットだったので、着用し続けていました。

そうしたらある日、ニオイがなくなっていることに気付いたのです。

今度は、香気を放っています。

それは私んちのシャンプーの香りでした。

それでようやっと分かったのですが、あの臭さは、髪を毎日洗っていなかったせいだったんです。

シャンプーしていれば、髪の毛の良い香りが帽子に移り、頭をあらっていなければ、「頭皮臭」が帽子につくのです。

「頭を洗うのってすごく大事だな」と反省した日でした。

【参考】デオシーク通販 | ワキガ対策にクリームとボディソープで徹底ケア
【URL】https://www.universal-healthcare.biz/

女子力をあげようと思った時に始めたのが顔のパック

矢張り、魅力的な女の人の特徴は、「美肌」だと考えられます。

自分は社会人になって人生で初めての恋人ができました。

そして、更に女子力をあげようと思った時に、美肌作りを一層本腰を入れたものにしようと考えました。

そう考えて実行し出したのが、顔のパックだったのです。

それまで保湿パックは行ったりしていなかったので、どのような仕上がりになるのかもわかりませんでした。

でもこうしてやってみると本当に驚きました。

もちもちとしていて、見た目も弾力のある素肌に大変身!更には、メイクもフィットするようになりましたよ。

ですから顔パックでのケアを習慣にしています。

それから、日常的なフェイスウォッシュやそのアフターケアのローションやクリームも必ずやっています。

肌状態の良好さを、彼氏だけじゃなく、家の人や女友だちなども分かってくれました。

前からフェイスウォッシュは行っていましたが、美容パックを足すだけでこんなにも変化するものかと感激しました。

美肌作りには、美容パックが欠かせません。

毎日の顔洗いをしっかり行い、定期的なパックをすることで、ツヤツヤ肌を守り続けたいです。

 

女の子にとって慢性的な冷えは大敵です。

「冷え」を感じると快眠できなかったり、食欲不振におちいったり、顔色がよくなくなったりします。

カラダの調子が優れない原因が、カラダの冷えが引き起こしているものだと感づかない時もあります。

血行不良(冷え)は自覚不足だと解消出来ません。

あたしの対処法として家で飲むものは「とにかく加温してから」と決定しました。

夏などはお出掛けした際にあったかい飲料も殆ど売っていませんし、あちこち捜索するのも手間なのでウチの中だけはホットでとゆるいルールにしています。

基本的には水を沸騰させて置いておくといいです。

魔法瓶が無くてもヤカンで沸騰させておけば、すぐに冷えたりはしません。

ホットドリンクといっても、お白湯を愛飲しているんで、電子レンジですとものの何十秒で完成します。

だいたい45度くらいです。

真夏には、コールドドリンクが欲しくなったりしましたが、おなかがゆるくなったり、手先足先がヒンヤリするっていう事もゼロになって、素肌の具合も悪くないので継続している次第です。

そんな風に4~5ヵ月も過ごすと、ホットが当たり前という気持ちになってきました。

好物だった炭酸ジュースやつめたいコーヒーをやめたため冷えの症状が改善されたんだと思います。

是非、みなさんも!

 

いつも、美容と健康の面では気を使っているので結構運動している方だと思います。

そんな訳で、少しくらいたくさん食べても体質的には太りにくくなりました。

だけど年齢が上がるとどうしても基礎代謝は落ちますので、食べ過ぎるとカロリーは消費されない。

ちょっとずつ貯まっていって見る見るうちにデブります。

なので、普段から一度の食事量は程々にするという食習慣にしています。

一度に大量に食べた場合、その後動きが少なかったらカロリーを摂り過ぎたことになります。

少量の食事なら摂り過ぎる事は無いですし、そのあと運動をして空腹感があれば少しだけ何かをお腹に入れれば良いですよね。

その他にも少食の利点があるのです。

一気に沢山の量を食べないようにすることで、胃や腸にかかる負担が少なくなります。

胃がもたれる事もありませんし、お腹を下すこともありません。

内臓をしっかり休めることができると、お肌もツルツルになってきます。

砂糖水だけ断食などの場合空腹がきついと感じるかも知れないのですが、少食にする位だったらさほど空腹感は感じないと思うし手軽に出来るんじゃないかなあ。

体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませる

毎日のように続けていることは洗顔するのを忘れないようにすることと、体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませてから眠ります。

顔を強く擦ってしまうと肌に大きなストレスがかかるので優しく洗うことと、冷水や熱い湯での洗顔はしないぬるま湯で洗顔をすることです。

朝と寝る前はストレッチをします。

身体の血行をよくし、首筋から肩をマッサージして血液の流れを良くして寝ます。

自律神経の交感神経と副交感神経の働きを正常化するとよく眠れるからです。

このとき浮腫みも取って、体の全てのホルモンバランスが崩れないようにするためです。

食生活は、夜の炭水化物(ご飯)は少しにしておかずをたくさん食べます。

朝は、決まってタンパク質をとり、サラダは生キャベツをしっかり噛んで食べます。

まず最初に野菜を食べて次にたんぱく質、そして炭水化物の順に食べています。

飲み物も牛乳ではなく豆乳飲料を飲んでいます。

時々チーズやヨーグルトを食べるようにして乳酸菌も取るように心掛けています。

 

潤った肌にするためには、十分に保湿をする事がポイントになります。

キチンと保湿対策を講じているつもりでも、お手入れ方法が違っていたら無意味ですよね。

正確なお手入れ法を知る事で、お肌に保湿力が回復し、モチモチ肌になります。

保湿ケアのアイテムと言えば、美容化粧水ですね。

たいていは化粧水の容器の裏に「五百円玉ほど」という表現で結構な使用量の目安が記載されていることがあります。

そんな時、記載されている使用量よりも少ない量しかつけないこともありますよね。

しかし実はそれは一回分の総量なんですよ。

最初に満遍なく顔に塗布したあと、カサつきを抑えたい場所に再度使用します。

そのように、カサカサしているところに塗り重ねていくうちに、結果的に書かれていた使用量以上の量を使用していることになります。

そんな訳で一度に使う量と決めず、幾度か塗っていき500円玉くらいの分量をつけることが正しいのです。

容器の裏側に使用量の記載があれば、その量を塗布する事で、そのローションの機能性が高まるというわけです。

という事で、必ず利用方法を見て目安として出ている分量を使うことが重要です。

 

美しい容姿作りの為に注意を払っている事は、やっぱりお野菜&快眠ですよね。

やっぱり野菜中心の食事と十分な睡眠は、美肌作りには不可欠だと思います。

あたしの考えでは、「美しい容姿作り」は「美肌作り」からみたいなところがありますので、やっぱり皮ふを良好に維持する事は美しい容姿作りの為には欠かせないというわけです。

また、美しい肌になる為には、いかに値の張る化粧水や乳液でお手入れしてもたいして意味がないことなのですよね。

お野菜&快眠が欠落しているのなら。

どんなにすごいクリームなどでケアしようとも、不十分な野菜の摂り方ですとお肌はすぐにブツブツとなってしまいますから。

ちょっと1日ぐらい揚げ物を過食してしまい、また野菜不足になっただけで、翌朝には大人ニキビがお目見えしていることも。

更には睡眠時間が不十分だと、乾燥肌になっている事もしょっちゅうです。

とくに睡眠不足になりますと、お肌の内面から潤いが失われていく気がします。

という訳で、やっぱり「美容」においては「野菜」と「睡眠」が大切なことだと実感してるのです。

家にいる時でもUVカットのクリームを塗るように

美容に関して普段から気を付けいている事は日焼け対策と保湿です。

紫外線対策として普段から、外出時には日傘や帽子、サングラスを使用しています。

1年を通して、家にいる時でも、UVカットのクリームを塗っています。

さらに美容液は、しみやそばかすを防いでくれる美白成分の入っているものを使用しています。

夏はテカリやすくなるので、スキンケアでは油分の少ないものを使用していますが、空気が乾燥する時には保湿して潤いを与えるようにしています。

アンチエイジングや潤い効果の高い良質なオイルが入っている美容クリーム、セラミドを配合した美容液などでケアしています。

スキンケアと一緒に化粧品も、肌が影響を受けてしまいそうな石油由来成分を含まないものを使っています。

カルボマーなど、化学成分が入っていないメイクであれば、石油由来に比べて刺激の少ない植物由来の洗顔クリームでメイクオフできるので、うるおい感を残すことができ、十分保湿出来ます。

 

ずっと綺麗でいたいから不要な物は摂りません。

そしてキレイでいたいから早寝早起きをしています。

私自身が美容に関して気遣っている事はその程度です。

そのほかに何かをしても多分長続きしない。

いろんなことに手を出すと何もできなくなってしまうタイプなんです。

不必要なものを食べないように外食は最低限。

無意味に外食したりそういう機会は作りません。

バイキング形式のお店には行きません。

学生時代には友達や家族と半分コミニケーションのつもりで、残りの半分は食い気に走ってビュッフェスタイルのお店で食事をしていましたがやめるようにしました。

バイキング店で食べている最中も家に帰ってきてからも何か腑に落ちない感じがするのです。

払った分を取り返す為についつい必要以上に食べるのですが後悔の元だったのです。

いっぱい栄養を摂取できたと言うよりも「これは美容の為によくないのでは?」と思う気持ちが勝り後悔します。

年齢のことも考えレストランなど外食は避けるようにしています。

 

自分が「美容」に関して注意していること、それはお水を補給すること。

成人女性は一日の間に約2000Lの「水」を摂り込むと美容面に効くと聞いたので、それ以来なるべく日々約2000Lのミネラル水を飲むようにしています。

私は今31才、お肌の曲がり角といわれる25才をとっくに過ぎ、30才で出産を経験してからいきなり若々しさが失われたように思えます。

ストレスなども一因なんでしょうが、エステサロンに行ったり高級な化粧水を使用するのは無理です。

できるだけ簡単にそしてお金が掛からない美容術を探し求めてたどり着いたのが水分補給でした。

前までは「まだ20代」なんて思ってメイクにばかり力を入れ、それほどお肌そのものの美容について気に掛けたことはありませんでした。

ですがもうこんな年なので、今後はベースとなる「肌」を大事にしていきたいです。

それには先ず体の内側からメンテナンスしていくことが重要ですよね。

栄養バランスのとれた食事内容や全身の運動、快眠や笑顔を過ごすなど・・・、どう頑張っても子どもが小さいわたしにとってはなかなか実行できない課題ですが、約2000Lのお水を補給することなら育児をしていてもできます。

とりあえずはそこから、美肌ケアをしていくつもりです。

高額なコスメだとしても自分の肌に合わない場合がある

「スキンケア」の方法としてイメージするのは、矢張り美容エッセンスを用いるなどのスキンケアコスメによるケアではないでしょうか。

私も以前は兎に角そういったアイテムを色々買うのが楽しくていっぱい揃えていたときもあります。

だけど、幾つもの化粧品を使用してきて感じたことは、「肌タイプに合ったものでないと、高額なコスメを購入しても無意味なんだ」という事です。

現に、ファッション誌や商品レビューなどで評判になっているコスメでも、ホントに合う合わないがあって合ってないと結果も全く出ません。

私も何万円も無駄にして(涙)、勉強できたって感じです。

そんな訳で、近ごろは「食」に気を使うことで肌メンテをしています。

矢張り、「肌」は体の内側から出来ていくものですから、食生活もかなり大切なのです。

一番意識している栄養分は矢張り「コラーゲン類」です。

お肌にハリが出て、モチモチ肌になりそう!今はコラーゲン効果を期待して牛すじを使用したおかずが多めです。

これで結果が出れば良いのですが…。

 

「素敵な女性」「かわいい女の子」から連想するものは人それぞれですが、一般的に思い浮かべる条件、それは「良い匂いがする」ということです。

かぐわしい香りにはたくさんの利点があるのです。

まず、他人にあたえる印象です。

エレガントな香水や、柔軟剤やシャンプーのいい匂いをさりげなくさせている女子は、清らかなステキな女の人という印象を与えます。

オードトワレや、香り付き柔軟剤、ヘアケア用品は今では多種多様な品が出ていますので、好きな「香り」がきっと見つかるはずです!でも、「匂いの強さ」には用心してくださいね。

ことさら香水の香りが強烈ですと上品さを損なうだけでなく、電車やエレベーターなどで他の人のコロンと一体化して人を不快にさせてしまうこともあります。

気をつけて「ほのかな香り」レベルを保ちましょう。

そして、良い匂いは人に良く思われるだけでなく、自身にもプラスになります。

人は心地よいかおりに囲まれていると、ハッピーになります。

パフュームの様なお出かけの時のものに限定せず、お部屋の中も、ルームスプレーやアロマディフューザーなどで、自分の好きな香りで香り付けしてみましょう。

これだけでハッピーな気持ちになり、女度も一気に上がりますよ。

良い匂いをふわりと香らせて、周りも本人も心が弾む、魅力的な女性をになりましょう!

 

30歳になってから身体や心が変化していく事を一層感じています。

日々鏡を見た時にやれることをやろう、それからこれからもずっと女に産まれた事をありがたいと思ってキレイを維持していこうと思うのです。

そう思いながらわたくしが毎日意識してしている事を書きたいと思います。

まず最初にしっかり寝る事、あとできる限り早く寝る事です。

極力23時なる前に布団に入るようにしています。

朝早く起きる生活を心がけています。

それからあまり出来ていない事ですがまめに水分補給する事です。

寒い季節は乾燥しているのでお水を飲むのと肌が乾燥しないようにするために、保湿しているのです。

顔を洗う際には十分に泡立てて洗ってなるたけ冷水ですすぎます。

お湯ですすぐと一段と乾燥してしまう為です。

帰ったら即メイク落としをしてお肌を休めるように気を付けています。

食べ物に関しては糖分の過剰摂取をしないように気遣っています。

甘い物の摂取を習慣にしない様に気を付けてはいますが苛立たないよう食べたくなった時はちょっとだけ食べます。

できるんだったらもう少しフルーツを積極に取って、夏にやっていたランニングをもっと暖かくなってきたら再開させたいです。

 

あたしが「美容」に関して気を配っている点は、生活習慣を整えることです。

学生時代、夕方までは授業、深夜帯はコンビニ店員、という暮らしが続き、寝る時間や起きる時間やごはんのタイミングがかなり不規則でした。

そうした不規則な生活だと、頬ににきびとかが発生したり、お化粧が上手くいかなくなったりと、肌はどんどん荒れていきました。

赤ニキビなんかは、思春期ニキビの延長だろうと諦めていましたが、夜中のアルバイトをやめ、三回の食事と六~七時間の睡眠時間というのを習慣にしたら、ニキビなどが消え、友達に「いいスキンケアグッズ見付けた?」と質問されるくらい、美肌になりました。

よく、「生活習慣を見直そう」という文言を見掛けますが、それぞれの生活スタイルによってはままならない事もありますよね。

学生の頃は、洋服を買ったりするのに体が空いている夜にバイトをすることは、必要なことでした。

そして、就職されているひとは職種によって、勤務シフトに翻弄されることも多いでしょう。

わたしはそういう状況下では、しっかりと「それなりの生活習慣を作り上げる事」が肝心だと思っています。

1日のなかで3回、ごはんタイムをいつにするか、何時間寝る、とか、各自の暮らし方に合った、規則性を持たせる事が、肌のために良いと思います。

 

あたしが一番気をつけているスキンケアは日焼けです。

春の時期の太陽光は本当に紫外線指数が高くとても皮膚に悪そうです。

特にクルマを運転している時の紫外線ダメージはとてつもないです。

日焼け防止手袋は当然ですが首周りの保護も欠かせません。

面倒でコットンストールなど巻かないでいると、痒くなって真っ赤になり湿疹ができることもあって、自分の場合は特に梅雨入り前にその現象がやってきます。

肌が炎症を起こすとその場所だけ特にカサカサになってしまうので、首周りがシワだらけになりそうで怖いです。

という事でこの「春」に美肌術は特に力を注いでいます。

サンスクリーン剤は顔周り、首周り、手元にのばしてから、手袋、ストールをします。

あとは夜のケアでお肌のお手入れをキチンと施して、肌の水分を逃がさないようにします。

クレンジングで毎度不要な脂をとりながらの癒やしのマッサージ、あと、洗顔料はきめの細かい泡をつくり顔の上にいっぱいのっけて少々放置してから手早く洗い落とすという美肌術です。

スッキリして本当に気持ちが良いです。お試しあれ!

チェック⇒シズカゲル 口コミ

正しく汗をかけるようにカラダのコンディションを整える

汗についての悩みでよくあるのが、汗が多すぎるということです。

しかし、一般的に汗をかくような時に汗をかく事が出来ないのも、また困り者です。

汗はデトックス効果もあり、体温調節をするという面もあります。

だから、汗をかく事をそれほど嫌に思う必要はありません。

適切な時には、汗が出なければむしろ病気になってしまう事もあるのです。

そのため、正しく汗をかけるようにカラダのコンディションを整えるように努めましょう。

例を挙げると、半身浴も好ましい事です。

半身浴する場合に勘違いしてしまうのが、むやみやたらに高温のお湯をいれ、湯船からすぐに出てしまうことです。

お湯の温度が高いお風呂というのは、身体には良くないですし、そんな風にしていたら汗をしっかりとかくことが出来ません。

汗についての悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経に問題があることが考えられます。

適温のお湯にしっかりと浸かって、自律神経の乱れを整えてあげる事で、汗も正常にかけるようになるのです。

 

においに関する事は、指摘できないものですよね。

以前働いていた会社で、上司の体のニオイがとても臭いので、悩まされていました。

仕事においては凄くタフな人で、頼り甲斐がある男の上司でした。

たまに食事をおごってくれるなど、私たちの働きぶりを褒めてくれる、素敵な人でした。

だけど、猛烈なニオイがするのです。

これさえなかったら100点満点なのにと言えます。

他の部分で尊敬できる事もあるため、臭いの問題が余計に残念だと思っています。

1つはタバコがいけないのではないかと思っています。

1日に1箱以上嗜んでいたのです。

煙草の量が多い方だというふうに自覚していたようです。

ほどほどにしないと体に悪いという事は言っていたのですが、セーブしたり禁煙するということもありませんでした。

それと、コーヒーが好きでいつも飲んでいました。

この事もニオイとかかわりがあるのです。

体臭がある事で、その人の魅力という物は半減するどころか大量に減少します。

自覚を持って、ニオイがあるのかな?という風に思ったら直ちに対策した方がいいでしょう。

 

わたくしは主にわきに汗をかいてしまう為、年中、臭わないように気を使っています。

汗の色が目立ちやすい洋服を着た場合、パッと見で分かるのです。

職場の同僚に脇汗の事を指摘され、恥ずかしい気持ちになりました。

けれども、自分で汗をかかないようにもできないので、聞き流していました。

でも、相手目線で考えたら、自分の汗に対しては何も思いませんが目の前の人の脇汗を見るのは嫌悪感があると思ったのです。

私もホントは、人の汗はみたいと思いません。

体を動かした後の綺麗な汗でも、なるべく表面に出ないようなシャツが好ましいと思っています。

しかも汗の他に、その臭いもしていたら悲惨です。

わたしはニオイがしないように心がけていますが、人の体臭は特に気になってしまいます。

その為、自分は夏の季節は飲酒しないようにしています。

アルコールの成分は体臭になりやすいのですが、自分でそれを感じてしまったのです。

冬の時期でも体内から暖かくするために葫を食べると、暖かい屋内ではニンニクが汗のニオイとなってしまうのです。

そのため、一年中、汗と臭い対策は大事なのです。

 

人は就寝中でも年中、汗をかくといわれています。

寝具類の中では、まくらにおいては毎日カバーを洗った方がいいともいわれています。

寝ているだけだとしても人は汗をかき、それに、その汗においては絶対にニオイが付いてくるのですが、毎日となると面倒くさいので、消臭剤を使うなりして工夫しています。

汗をかくのは体温調節の役目があり、眠りについている時も体が体温調節を行っていると解釈できますし、生きていくうえで重要な生理現象なのです。

あと、人は陽のあるうちはよく体温を調整するようになります。

あたしは寒い冬はそんなに汗は出ないと思っていますが、寒い冬も人間は当然体温の調整をする為に汗をかきます。

冬の場合にはニオイってそれ程気にはならないのですが、夏の時期は自分自身がだす汗の臭いに自分としては、受け入れたくない気持ちになるのです。

言うまでもなく汗をかいていると感じるワキにおいては前もってスプレーをぬっています。

ですが、それをしていても数時間おきに汗をぬぐわないと匂ってしまうのです。

さらに、わきの箇所の他にも全身で発汗するので、全身汗臭くなるのです。

そうした場合にはタオルを濡らして身体を拭いているのですけど、仕事の合間にあまり頻繁にはできないので困っています。

まわりにも大変な迷惑をかけているのではないかと思っていますが、これについてはどれほど予防対策をしても100%防げるものではないと思っています。

最大限一生懸命行っていますが、申し訳ない気持ちは募るばかりです。

日常的に全身運動をしていない人でも気負わずにやれるのがウォーキング

スキンケアの一環として、全身運動をする事はとてもおすすめです。

運動と言っても、身体を鍛え抜くようなものではなく、是非やって頂きたいと思うのは、「ウォーキング」です。

過度な筋トレなどですと、三日坊主になりかねませんし、却って体に負担をかけてしまうこともあります。

でも、ウォーキングエクササイズは「有酸素運動」なので、体に負担がかかりにくいので、日常的に全身運動をしていない人でも気負わずにやれるのがお勧めポイントでもあります。

「美肌」のためにはやっぱり「自律神経バランス」を良くすることが大切です。

その自律神経バランスを整えるのに効果があるのが、「歩くこと」なのです。

歩行運動をすることで、「自律神経バランス」が整い、睡眠リズムも良くなり、良質な睡眠を得ることができます。

快眠であれば、色々な肌の問題が解決します。

他にも歩いていると、血液の循環がよくなって、顔の血色も良くなります。

ウォーキングエクササイズをすることで、肌に現れる効果はこれだけではなく、まだいっぱいあります。

「歩くこと」はお肌の為になるだけでなく、女の人にとって魅力的な効き目が数多くあるので、皆さんに試してもらいたいです。

 

以前は体のニオイなどで悩むことなどなかったのに、近ごろすごく脇下の匂いが気に掛かるようになってきました。

きっかけは、脱毛エステで脱毛しはじめてからです。

脱毛専門店に通い始めて1年と3ヶ月。

夏になると、どことなくわきが臭がする。

ちょっとドキドキしながらも、御手洗いに行ったついでに、わき下をふいてチェックしてみると、まさにわきが臭があったのです。

とてもびっくりしました。

その日以来、脇汗が出る度に、ワキ汗を拭いて脇臭チェックをするのが習慣化してしました。

周りに人がいると本当に気になるようになってきました。

ナースなので力仕事で発汗はするし、他人と触れあう機会も多いので放っておくワケにはいきません。

ある日、友達から海外のおみやげで貰った、ローラータイプの制汗剤を塗ってみました。

それを使用すると一切ワキガが気にならなくなりました。

日本で売ってるかな?と薬局に行ってみたら同じタイプのものは結構発売されていました。

このデオドラントがあるので今の私は助かっています。

冬もちょっと脇で発汗があると気になっていたのですが、このコロコロのおかげで現在は臭わなくなりました。

 

どれ程高額な美容液などをたっぷりつけても、どんなに栄養が含まれているサプリを飲んでいたとしても、眠りに勝てるお肌のケアはないと思います。

何時から何時間くらい眠ったかで、次の日のお肌の調子が決まってしまいます。

大学生のころまではどんなことでも若さで頑張れていたので、テストや受験のために朝まで起きていたことも日常茶飯事でした。

そういったときでも、とくにお肌の調子がそれほど悪くなることもありませんでした。

影響が出ても下まぶたにちょっとだけ睡眠不足によるくまができたくらいかな?今さらですが睡眠の良し悪しが素直に顔にあらわれるという現実を知らされました。

必ず次の日までにやらなければいけないことがある時は、なるべく早めの時間に寝ることにしています。

それで次の日の朝早く起きます。

やることを済ませてから安心して眠りたいという思いも前のあたしにはありましたが、今となってはそうするよりも体の方を大事にしようと考えるようになりました。

わたくしが使っている化粧水はいつも千円そこそこのものばかりです。

サプリメントも必要を感じたときだけマルチビタミン剤を摂取する程度です。

健康的な体とお肌をずっと維持していく為にはやっぱり眠ることが一番だと思います。

 

VIOライン脱毛の場合、ムダ毛の形や量をデザインする事ができると耳にした事があります。

カウンセリングの時にその事を相談できるらしいのですけど、毛の量や形次第で料金は変わると思います。

VIOを脱毛する時に形をデザインするのは別料金なのですか?あるいは追加料金は必要ないのでしょうか?それと形をデザインするのってかなりの腕じゃないと出来なさそうですが、そのスキルも心配なのです。

どんな人もちゃんとした形ができるのですか?そうではなくて専門の方でないとちゃんと整わないのでしょうか?Vラインの形は沢山あります。

やってくれる方のスキルによって形も歪になったり、きれいな形になったりするのなら大事な事だと思います。

やっぱり施術してくれる人に上手いか下手かはありますか?ビキニライン脱毛をしたいと思っているので知っておきたいのです。

ハイジニーナ脱毛は私が一番受けたい脱毛ですので分らない事は脱毛する前に理解しておきたいと思います。

参考:デリケスキンでデリケートゾーンのくすみとニオイケア【初回40%オフ】
URL:https://www.obeauty.net/

起床した時は汗まみれになってしまう

ここ最近暑いですが、私は朝起きるとすごく汗だくです。

クーラーもつけていますが何時間もつけっぱなしでいると身体には悪いので、寝てから2時間で切れるようにしています。

起床時間には既に部屋は暑くなっているので起床した時は汗にまみれています。

それだけであれば身体を洗えば終わる事なので簡単なのですが、毎朝そうなので知らないうちに布団の臭いが凄い事になっていました。

シーツと枕カバーの方は容易に洗えるので問題ないのですが、掛布団は容易に洗えない為どうやったらいいのか頭を悩ませています。

お洗濯ができない訳ではありませんが、風呂で浴槽に水を入れてそこで手洗いするほかないため厄介なのです。

それを毎回行っていたら布団の方が痛みそうですし、他に方法はないのかな?汗が出ないのであれば不都合はありませんがそれだけは自分では如何にもできないのです。

どうにかできないか悩んでいます。

 

汗というのは代謝をしてカラダには良い事をしているので有り難いのですけど、自分の場合汗をかく量が多くて、辛い思いをした事があります。

夏の季節は顔から汗がよく出やすく、冬の時期は手汗をよくかくという風にすごく大変でした。

額に汗をかく事で厄介なのが、洋服の襟の所についたり、目に入ってしまったり、紙などに垂れてしまって滲むとか…。

知らない人が心配してくれたのかタオルを渡されたりしたので、以来タオルなどをよく使用していました。

ワキの汗で厄介だった事は、シャツや洋服の脇の箇所が濡れてしまって目立つこととニオイの方も気がかりなので、消臭スプレーを使ったり、ボディソープなどを使って丁寧に洗うようにしていました。

手汗で困ったことは、夏だとそこまでかかないのですが、寒い時期だと物を持ったときに濡れていて滑り落ちたり、スマートフォンでよくやるのがアイコンをタップした際に誤作動させてしまうのです。

そんな訳で、汗は自分からしたら「体にとっては必要だけど厄介なものだ」と感じたのです。

 

汗の悩みというと、じっとりとしているだけじゃなく、ニオイの方もあると思います。

殊に男性の汗って、夏場に臭うものです。

クラブ活動が終わったあとの学生の更衣室などによくみられる、汗臭って不快感を呼び起こすものです。

何時間も経過した後の汗の臭いは、分泌物の発酵の臭いも含み、大変クサくなります。

ニオイって他人に迷惑をかけ、避けられる原因になります。

ですが汗臭というものには個々に差があり、自分では気づきにくいものです。

知らず知らずのうちに汗臭のせいで嫌われてしまうなんていう事もあると思います。

だから、汗に関する悩みを解決する為に、ニオイをどう対策するかというのは必要不可欠なのです。

制汗スプレー、アイスタオルまど、色んなアイテムが売っています。

だけど、本人に合った物を使用しないと裏目に出てしまう事もあります。

自分勝手な対策だと、汗やにおいの問題も解決できないのではないでしょうか。

周囲の人の客観的な意見も聞いて、汗の対策をしていきましょう。