にきび用の薬用化粧水を使っても一向によくならなかったあの日

思春期辺りからニキビに悩まされて、お化粧をしないと、ポツポツが目について、それに跡が残っているところもあり、とても悩みました。テレビのCMなどで見かける薬を使用したり、にきび用の薬用化粧水も使ってみましたが、一向によくなりませんでした。

 

食生活も気をつけてみたのですが、改善するようすは全くなく、鏡に映る顔が怖くて、憂鬱な毎日でした。ニキビ対策用の化粧水やクスリ屋さんで買えるようなにきびの薬は当然使ってみたけれど、良くなる兆しも見られず、そのままの状態が続きました。

インターネットで、にきびでも皮フ科を受診したというのを見つけ、すぐに受診してみました。当然、病院でもらう薬の方が効果があって、さらに、ビタミン剤も処方してもらい、改善される兆しを徐々に感じることができました。もっと早く行けばよかったと反省しています。

 

数ヵ月したらあまり気にならない程度に改善されました。お肌の問題に関しては、自分だけで何とかしようと思わず、皮フ科を受診されるのが良いと思います。

市販で売られているような用な薬は症状が重度でなければ治る可能性もあるかもしれませんが、やっぱりちゃんと処方されたものが一番効くと思いました。

 

私自身が美容で頑張っている事は、揚げ物などを少なくしてお野菜を多く摂取する事です。私は今まで肉料理や揚げ物ばかりが好きで食べていましたが、年を追うごとに胃にもたれるようになり、最近はサラダやフルーツなどといった健康的なものを摂取しているのです。

また、今までは安価なスキンケアを使用していたのですが、先日サロンのお店で買ったローションやパックをするようになりました。

 

わたしはサロンへ行く前は、クレンジングと洗顔、化粧水でおしまいだったのですけど、エステに行きだしてから、そこで買ったメイク落としをして洗顔、ローション、コラーゲンパックにミルクでお手入れするようになったのです。

面倒臭がり屋のわたくしには、化粧品を沢山使わないとダメなので大変なのですが、もっちり肌になりたいですしきれいなお肌になるので、継続できています。

これからも体に良い物を食べて体の内側からキレイにして、サロンで購入した基礎化粧品を使い、外見もキレイになれたらなと思っています。