ストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまう

今の世の中に生きているからには、私たちは何かとストレスを受けやすい環境になっています。さらに、そのストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまいます。

脳やこころに受けたマイナスの要素は、内蔵だけでなくからだ全体に良くない影響を与えてしまいます。食事が偏ったり、睡眠不足になったり、胃腸を悪くしてしまったりします。

 

結果として、肌にもよくない影響があらわれて、肌荒れをつくる原因になってしまいます。

そんなわたし達だけど、なるべくストレスを軽減し、発散させ、肌にとっても健康的に過ごしたいと思っています。

 

お仕事が終わったら、好きな音楽を聴いたり、睡眠をとるようにしたり、バランスの良い食生活を心掛けたりして、ストレスから解放されるようにしていけば、万が一ストレスを受けるようなことがあっても、肌への影響も大きくならないと思います。

ストレスが無くなるように、でも却ってそれがストレスになって、お肌にわるいことがないように気をつけていきたいと思います。

 

姿勢が悪いと見た目年齢が上がります。ですから、自分は出来る限り外出時には背筋を伸ばすように気をつけています。

 

私は20代の頃、「正しい姿勢」とは程遠く、いつも猫背気味でした。そのことを説教された経験まであります。だけど、実際年も取っていなかったのもあって、たいして注意する気にもなれませんでした。

 

年齢があがるにつれて、姿勢が悪いとおばさん感が強くなるし、関節痛の原因にもなってしまいます。自分は長いこと、腰に痛みを抱えているので、ことさら正しい姿勢を保つようにしています。

ここのところは出歩いていても、ガラス張りのお店の前等を通ると、ついつい歩行姿勢を見てしまいます。無理して姿勢矯正をしようとすると、少し変な歩行になっている気がします。

 

まだまだ歩行姿勢は改良の余地がありますね。意識的に姿勢を改善しようとしないと、いつの間にか前肩になってしまい、「腰が痛い!」なんてことになります。

現代の年配の方は皆さん背筋がピンと伸びていますよね。正しい姿勢を保っていると、いくつになっても健康的で美しくみえます。あたしも背筋が伸びた老婦人になれたらいいなぁ。