ロッカーを開いた瞬間のおやじ臭

時どき、スポーツクラブに行っているのですが、まれに出会うのはサイアクなロッカー。

窓口でロッカーのカギをもらって扉を開いた瞬間おやじ臭が漂っていることがある。

トレーニングの前にちょっと気持ちが萎えることも。。

年配の方がほとんどのスポーツクラブなのでしょうがないのだろうけど、「担当者さん、クリーニングの際にちょっと消臭スプレーで臭いを消してほしいな」、と文句を言いたくなる。

あなたも同じじゃないの?と指摘されないように常時気にかけている。

そろそろ加齢臭には気を付けているが、問題の場所はうなじ辺りじゃないかと思う。

使っているピローをチェックすれば分かるはず。

お風呂では首の辺りと、耳の裏はしっかりと洗うようにしている。

寒い季節はそんなに気を使わないけどこれから夏が近づくと気を付けないと。

ジムではウエイトトレーニングをやるので、スタッフの方に補助してもらうこともあるためその方に嫌がられないようにトレーニング前には一度シャワーを浴びるようにしている。

これもエチケットかと思っている。

なにをするにしてもナーバスな世の中ですよね。

 

自分自身は凄く汗をかきます。

格別太っているという事はありませんが、幼少の頃から汗の量が多い方なのではないでしょうか。

体育の授業でのフォークダンスで、クラスの子と手を組むようなケースでは、ダンスが始まる前まで掌の汗をタオルで拭うのですが、スグに汗で濡れてしまい、嫌がられてことがあります。

現在でも暑い夏場は悲惨な事になります。

通勤時、最寄りの駅まで歩きで10分かからないくらいですが、駅に着いた時には汗で背中が湿っています。

出勤時は電車の中は人がいっぱいいるので人と密着する事が増えるのですけど、私の背中に触れた場合、たいていの女性には露骨に嫌な顔をされる場合があります。

あたしも心苦しい、と思いながらも「別に悪気があってやったわけではないのでそこまで露骨に示さなくても」と嫌な気分になります。

職場につくと汗で湿ってしまった洋服を着替え(いつももう一枚シャツを持ってきています)、デオドラントシートで汗を拭きとっているのですが、女子社員には「におうね」と非難されました。

今は「スメルハラスメント」という観念もあるため自身のニオイの管理には神経を使います。

 

自分はアラフィフです。この歳になって体臭っていうか俗にいう加齢臭が気になっています。

近頃自分でも年齢臭を感じているので自分自身もそういう年齢なんだなと思いました。

自分は若い世代の頃は体臭というのは無くて足のニオイが酷かったのです。

季節関係なく足が蒸れるとクツを脱いだ途端に足の臭いがこみ上げてきます。

家に帰宅して毎日のように家族に臭いから早くお風呂に行って洗えとか靴下は別にしてねなんて言われていたのです。

そして30代から足臭はちょっとずつなくなってきたのです。

理由は分かりません。

ですが両わきと体臭のニオイがするようになりました。

足が匂わなくなったと思ったら今度は腋臭と体臭です。

体臭の方は大したことは無かったのですけど脇の臭いは割とヒドイ方でした。

暑い季節に汗をかいた時などは臭いが酷かったです。

しかし腋臭も徐々になくなっていきました。

ですが今現在はミドル臭と戦ってます。

なんかトータルすると足からワキガついにはカレイ臭って下から上に上がってきた感じにも思えますがただの偶然なのでしょうね。

ミドル脂臭においては何とか香りで取り繕っているのですけどミドル臭がやがて自ずと無くなってくれる事を願っています。