長袖になる冬ならではの気のゆるみ

今は冬だから長袖なのでという気のゆるみがありますが、手のひじ裏の黒ずみには要注意です。

毎日の入浴時には必ず垢すりで、こするのですが何故毎日よれて出てくるのと思う程、ザラザラ手に触れるものがあります。

 

うっかりして怠るとひじが黒ずみます。鏡で前を見てもすぐに確認できませんが、他の人からは、ひじ裏は後ろから丸見えです。黒ずんだ横筋が見えたら最悪です。

 

足の膝頭も同じですが前から自身で確認できるので注意しようがありますが手のひじ裏はすぐには見えないので何時も意識しているつもりでも、入浴時の時を除くとほとんどなく、見落としがちのポイントです。

仮に外出直前に気が付いたとしても対処は十分に出来ません。入浴した時に、ゆっくり湯につかり時間をかけて体を洗た時でさえ、ひじ裏が一番最後になり、省略されてしまうこともあるくらいです。

寒い時期足のかかとと同じくように必ずこすると決めて入浴のルーティーンを作り、習慣化するといいと思います。

 

まだ若い頃は気にならなかったのですが、ここ最近は美容の事に関してはまず最初に保湿が重要だと思うようになりました。

年ごとに、お肌のうるおい感が失われていっているのは感じていたのです。

 

元々、年が上がることでの水分量の減少、夏の時期は冷房、冬は暖房が効いている事務所で働いているが為に起きてしまうお肌の乾燥、夏の日焼け、冬の乾燥などなど当たり前のように肌が乾燥する境遇で毎日生活しているので、補充していかなければどうにもならない状態だったのです。

 

また、乾燥はシワになる原因になってしまいます。そのためには保湿が大切です。少し値段が張りますが、少し前からスキンケアを保湿力の高い物にしてみました。

高級化粧品だから良いということではないですが、ずっと若い人が使用するようなお化粧品をいつまでも使っていても駄目なので、年齢に沿った化粧水等を使用しています。

 

そうしてみたら、ちゃんと効果を感じる事ができ、しっとり感があってカサカサ肌になるのを防ぐことができていると思います。そのせいなのかは分らないのですけど、私自身が言うのもおかしいのですが、良い歳なのですが「シワ」はないほうだと思います。

肌が潤うと化粧のりも違ってくるのです。保湿は本当に重要だと思います。