内からの美容-便秘解消のための食習慣

いくらメイクが上手でも、便秘で肌の状態が悪ければお化粧ものりません。便を溜めて腸内に悪玉菌が増えると、活性酸素の発生にもつながってしまいます。

 

そこで日頃から食物繊維を摂るよう心がけています。

食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。食べ方はサラダもよいですが、生野菜だと繊維の総量も少ない上、栄養や繊維の種類も偏りがち、しかも腸を冷やしてしまいかねません。

 

そこで、具だくさんの野菜スープにして毎日食べています。秋冬の定番は根菜汁や粕汁、ポタージュなどです。

これなら水溶性が豊富な海藻系やこんにゃくも、不溶性が豊富な根菜類やきのこ類も一度に摂れます。

3~4日分の量をまとめて2種類作り、食事の時は温めるだけです。飽きませんし、腹持ちもよいのです。

 

大根の葉に含まれる食物繊維は根の2~3倍、捨てずにポタージュにします。また切干し大根にすると食物繊維の含有量は生の状態の約15倍、大根が旬ではない夏場も切干しの味噌汁を毎日いただきます。

 

私はこれで便秘を解消しました。たまに飲み会でハメを外しても、旅行で便秘になっても、この習慣のおかげですぐにリセットできます。便秘だった頃のような肌トラブルや足のむくみもなくなりました。

何より、野菜が大好きなので楽しく続けられます。