刺激は全身を若返らせるのに大事

自宅でTVを楽しむ事は適当にして出来るだけ外へ出掛けるようにしたのです。自ら外に出かけないと老けてしまいます。ずっと家に居てもいい事なんて無いですもんね。

安全なのは確実でしょう。けれども、安全地帯にばかり居ては刺激が足りません。刺激は全身を若返らせるのに大事なのです。

 

普段から刺激を受けない生活だと気が付いたら年老いた感じになっていて衝撃を受けます。毎日が繰り返しの生活だとこんな事になりかねないですよね。

毎日同じ仕事をして同じ様に会社を出て同じ道順で家に帰る…という繰り返しをしているだけだと早く老けてしまいます。

時には別の仕事をやってみたり家に帰る途中に入った事がないお店に行ってみたり、いつもと違う刺激を受けるのも必要です。

 

こういうことが美容にも繋がってくるので、なるべく外に出かけて新しいことを経験するようにしているのです。簡単な事ですが効果的だと思っています。

 

自分自身がいつも美容で心がけていることは、まずごしごし擦って洗わない事です。ずっと前は、汚れや古い角質を取り去ることに必死になっていたのです。ピーリング石鹸とか、スクラブや角質ケアローション、更にはがすパックまで、ずっと肌を擦りまくっている状態だったのです。

 

綺麗になると思いやっていましたが、結果的には徐々に乾燥が激しくなり、さまざまなお肌の心配をかかえることになってしまったんです。

その為に洗顔をリキッドタイプのものにして、化粧水においては掌を使って優しく染み込ませるようにして、お肌に刺激のあるお化粧品を使用するのをやめてみる事にしました。

 

そのようなスキンケア方法に変えたら、乾燥を気にしなくてもよくなり、肌荒れも改善してきました。素肌に自活力がついてきたという気がします。

とにかく汚れや古い角質を落とすことに力を入れていた時よりも、おできが出来なくなってきました。

それでも、時々は思いっきりスクラブで綺麗にしたい衝動にかられたりもしますが、この肌状態を保ちたいのでなんとか我慢しています。

にきび用の薬用化粧水を使っても一向によくならなかったあの日

思春期辺りからニキビに悩まされて、お化粧をしないと、ポツポツが目について、それに跡が残っているところもあり、とても悩みました。テレビのCMなどで見かける薬を使用したり、にきび用の薬用化粧水も使ってみましたが、一向によくなりませんでした。

 

食生活も気をつけてみたのですが、改善するようすは全くなく、鏡に映る顔が怖くて、憂鬱な毎日でした。ニキビ対策用の化粧水やクスリ屋さんで買えるようなにきびの薬は当然使ってみたけれど、良くなる兆しも見られず、そのままの状態が続きました。

インターネットで、にきびでも皮フ科を受診したというのを見つけ、すぐに受診してみました。当然、病院でもらう薬の方が効果があって、さらに、ビタミン剤も処方してもらい、改善される兆しを徐々に感じることができました。もっと早く行けばよかったと反省しています。

 

数ヵ月したらあまり気にならない程度に改善されました。お肌の問題に関しては、自分だけで何とかしようと思わず、皮フ科を受診されるのが良いと思います。

市販で売られているような用な薬は症状が重度でなければ治る可能性もあるかもしれませんが、やっぱりちゃんと処方されたものが一番効くと思いました。

 

私自身が美容で頑張っている事は、揚げ物などを少なくしてお野菜を多く摂取する事です。私は今まで肉料理や揚げ物ばかりが好きで食べていましたが、年を追うごとに胃にもたれるようになり、最近はサラダやフルーツなどといった健康的なものを摂取しているのです。

また、今までは安価なスキンケアを使用していたのですが、先日サロンのお店で買ったローションやパックをするようになりました。

 

わたしはサロンへ行く前は、クレンジングと洗顔、化粧水でおしまいだったのですけど、エステに行きだしてから、そこで買ったメイク落としをして洗顔、ローション、コラーゲンパックにミルクでお手入れするようになったのです。

面倒臭がり屋のわたくしには、化粧品を沢山使わないとダメなので大変なのですが、もっちり肌になりたいですしきれいなお肌になるので、継続できています。

これからも体に良い物を食べて体の内側からキレイにして、サロンで購入した基礎化粧品を使い、外見もキレイになれたらなと思っています。

ストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまう

今の世の中に生きているからには、私たちは何かとストレスを受けやすい環境になっています。さらに、そのストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまいます。

脳やこころに受けたマイナスの要素は、内蔵だけでなくからだ全体に良くない影響を与えてしまいます。食事が偏ったり、睡眠不足になったり、胃腸を悪くしてしまったりします。

 

結果として、肌にもよくない影響があらわれて、肌荒れをつくる原因になってしまいます。

そんなわたし達だけど、なるべくストレスを軽減し、発散させ、肌にとっても健康的に過ごしたいと思っています。

 

お仕事が終わったら、好きな音楽を聴いたり、睡眠をとるようにしたり、バランスの良い食生活を心掛けたりして、ストレスから解放されるようにしていけば、万が一ストレスを受けるようなことがあっても、肌への影響も大きくならないと思います。

ストレスが無くなるように、でも却ってそれがストレスになって、お肌にわるいことがないように気をつけていきたいと思います。

 

姿勢が悪いと見た目年齢が上がります。ですから、自分は出来る限り外出時には背筋を伸ばすように気をつけています。

 

私は20代の頃、「正しい姿勢」とは程遠く、いつも猫背気味でした。そのことを説教された経験まであります。だけど、実際年も取っていなかったのもあって、たいして注意する気にもなれませんでした。

 

年齢があがるにつれて、姿勢が悪いとおばさん感が強くなるし、関節痛の原因にもなってしまいます。自分は長いこと、腰に痛みを抱えているので、ことさら正しい姿勢を保つようにしています。

ここのところは出歩いていても、ガラス張りのお店の前等を通ると、ついつい歩行姿勢を見てしまいます。無理して姿勢矯正をしようとすると、少し変な歩行になっている気がします。

 

まだまだ歩行姿勢は改良の余地がありますね。意識的に姿勢を改善しようとしないと、いつの間にか前肩になってしまい、「腰が痛い!」なんてことになります。

現代の年配の方は皆さん背筋がピンと伸びていますよね。正しい姿勢を保っていると、いくつになっても健康的で美しくみえます。あたしも背筋が伸びた老婦人になれたらいいなぁ。