今日は疲れたから風呂に入らなくてもいいやといった甘え

体臭は臭い人がたまにいるんですよね。ニオイがクサい人が近くにいると匂うので気持ち悪くなります。

 

そのような方はほとんどがたまにしかお風呂に入らないという風に見てしまいます。今日は疲れたから風呂に入らなくてもいいやといった甘えが結果的に体臭が臭いことにつながります。毎日お風呂に入り綺麗にすることが体臭予防になるのです。

 

洗濯もせず服を変えない人の場合体臭が臭い人がいます。いちいち着替えるのは面倒臭いという気持ちがにおう事につながるのです。カレイ臭もイヤな体臭だと思います。ミドル脂臭は僕もはっきりした原因は知りませんが繰り返しの毎日だったり、日常に刺激がない人がカレイ臭がしていると思われます。

 

体臭を抑制するには食生活を改める事が良いみたいです。納豆やアーモンドや野菜を食べるとニオイを減らせるみたいです。適度な運動、睡眠、禁煙、禁酒は体臭の予防になります。出来るだけそうして匂いがしないようにしようと思っています。

 

自分自身のニオイで不安を感じている人は多いと思います。身体のニオイって自分以外の人のニオイは即座に正確に感知することができますが、自分の体臭となると鼻がきかなくなり、細かな匂いを感知することができません。

 

カラダの匂いの中でも一段と目立つのがワキの下の匂いです。特に腋臭は周りの人に嫌悪される事もあります。でも、ケア次第で腋臭のにおいも気にならない程度までにできます。

 

ワキガの原因はいくつもありますが、遺伝的なものと後からそうなるものとがあります。先天的なものはやむをえないので、その中でどう頑張っていくかになりますが、先天性でなければ対策次第で良くなります。

 

大事なのが普段からのケアであり、朝と夜の二回身体を洗い、なかでも両脇を丁寧に洗います。そうしてから、両脇に直塗りタイプのデオドラントを塗布する事で「腋臭」のニオイは最低レベルまで落とせます。

 

直接塗るタイプのものは長持ちするので、一日に一度でも良いですし、懸念されるようであれば2度3度とつけてみて下さい。自分のわきがの臭いに気が付くとものすごく気が滅入りますが、こういった普段からの脇ケアを行うことで悩みを克服される方が増えることを望みます。

美容を考えるならできるだけ身体を冷やさないこと

身体を冷やさないことですね~。美容を考えるなら「一年中いつでも体を冷やさないこと」「万が一冷えてしまったらできるだけ早急にからだを温めること」これを気をつけています。

女子は男の人よりもからだが冷えやすいので気をつけなくてはいけません。筋肉の量がオトコよりずっと少ないのが女子。女は筋肉を付けようと運動しても女性ホルモンの関係から筋肉が付き過ぎないようになっています。

 

筋トレしてやればやっただけの筋肉がつくのがオトコなら女性はほどほどで止まる。プロテインを摂るなどサプリメントを摂れば筋肉が増えるけれどそれって不自然な状態ですよね…。

 

話が脱線してしまいましたが、筋肉の量が少ないと身体は冷えやすくなるので注意しなければいけません。わたくしはなるべく身体を温めるためにたまに漢方薬を飲んだりします。

ドラッグストアで買ったものもありますが殆どが医療機関から処方されたもの。お医者さんに診断してもらってその上で漢方薬を調合してもらう方が不安なく飲めます。最近は当帰芍薬散を飲むようにしています。

 

体にやさしい食べ物を摂るようにしています。子どもが口に入れる物は出来るだけ体によいと思うものを選んでいますし、それはスイーツも同様に考えて買っています。

言うまでもなく飲料もからだに優しい健康状態を改善するものだけを選ぶようにしています。

 

ここまで完璧にすると家族も不満そうな顔をするのですがわたしは諦めません。ときどきたくさん砂糖の入ったサイダーなどの清涼飲料水を飲みたいと言う人がいるので渋々買ってくるのですがふだんはそんなこと許されません。

飲み物は果物や野菜のジュースかお茶が多いし、ジュースなら100%果汁か野菜汁の本当のジュースを選ぶようにしています。殆どのジュースが濃縮還元タイプなので濃縮還元でも納得して買っています。

 

当然スイーツも飲みものと同様に体に悪影響を与える物がたくさん入っていないかチェックします。添加物が多いお菓子はなるたけ選ばないようにしています。

おせんべいは添加物が少ないのでよく買いますね。ロングセラーの菓子類を選んで買っています。

いつの時期でも汗の悩みというものは尽きることがない

いつの時期でも汗の悩みというものは尽きる事はなく、暑い季節は暑いがために出てくる汗なのでひたすら汗をかくので、何といっても臭いが気になってきます。

汗が流れている最中よりそのあとの湿った状態が好きではないので、発汗しないようにするのが私にとって一番の課題なのです。でも、そのまま何もケアしなければ汗は出てくるので、防止のためいろいろ試してみたところ、出る汗の量を減らず物が向いているようでした。

 

この制汗剤は、吹き付けるタイプ、ロールオンタイプ、拭き取りシートといった色んなものがあるのですけど、使いやすさを考えるとやはりスプレーが一番!

白く残ってしまう場合もありますが、直接素肌に塗ったり手で使用する場合は手洗いしないといけませんし、外出先でも使える事を考えるとスプレー式なら、カバンからさっと出して気になる部分にスプレーするだけだし、フレグランスなどお手入れ以外の部分でも楽しむことができ、しかも使う事で清涼感があるので気持ちもリフレッシュできます。

 

この頃気になっているのは、衣類に直接吹き付ければ、臭いを長い時間消す効果のあるイオン系の消臭スプレー。

一回吹き付ければ次に洗う時まで消臭効果を維持することが出来るという便利な商品で、洋服の他にもファブリックにも効果があるそうです。時々しか洗濯できないようなものに有効だと思います。

 

汗においての悩みでよくあるのが、発汗量が多いという事です。でも、適切な時に汗がかけないというのも、困ってしまいます。汗は、要らないものを出してくれたり、体温の調節などをしてくれるといった良い面もあるのです。

 

ですから、汗をかく事をそんなにも嫌う事じゃないのです。適切な時には、発汗しなかったら却って病気にかかることもあります。なので、正常に汗がかけるように体調を整える努力もしましょう。

 

たとえば、半身浴も好ましい事です。半身浴する場合に間違いやすいのは、むやみに熱いお湯を入れて、短時間浸かってお湯から出てしまう事です。あんまりにもお湯の温度が高いと、体に良いものではないし、そんな風にしていたらしっかりと汗を流せません。汗の悩みの中で、正常な汗が出ないという時は、自律神経に問題があることが考えられます。

適した温度の湯船にじっくりと入り、自律神経を整えてあげることで、汗も正常にかけるようになるのです。

参考:顔汗 制汗剤 ランキング

刺激は全身を若返らせるのに大事

自宅でTVを楽しむ事は適当にして出来るだけ外へ出掛けるようにしたのです。自ら外に出かけないと老けてしまいます。ずっと家に居てもいい事なんて無いですもんね。

安全なのは確実でしょう。けれども、安全地帯にばかり居ては刺激が足りません。刺激は全身を若返らせるのに大事なのです。

 

普段から刺激を受けない生活だと気が付いたら年老いた感じになっていて衝撃を受けます。毎日が繰り返しの生活だとこんな事になりかねないですよね。

毎日同じ仕事をして同じ様に会社を出て同じ道順で家に帰る…という繰り返しをしているだけだと早く老けてしまいます。

時には別の仕事をやってみたり家に帰る途中に入った事がないお店に行ってみたり、いつもと違う刺激を受けるのも必要です。

 

こういうことが美容にも繋がってくるので、なるべく外に出かけて新しいことを経験するようにしているのです。簡単な事ですが効果的だと思っています。

 

自分自身がいつも美容で心がけていることは、まずごしごし擦って洗わない事です。ずっと前は、汚れや古い角質を取り去ることに必死になっていたのです。ピーリング石鹸とか、スクラブや角質ケアローション、更にはがすパックまで、ずっと肌を擦りまくっている状態だったのです。

 

綺麗になると思いやっていましたが、結果的には徐々に乾燥が激しくなり、さまざまなお肌の心配をかかえることになってしまったんです。

その為に洗顔をリキッドタイプのものにして、化粧水においては掌を使って優しく染み込ませるようにして、お肌に刺激のあるお化粧品を使用するのをやめてみる事にしました。

 

そのようなスキンケア方法に変えたら、乾燥を気にしなくてもよくなり、肌荒れも改善してきました。素肌に自活力がついてきたという気がします。

とにかく汚れや古い角質を落とすことに力を入れていた時よりも、おできが出来なくなってきました。

それでも、時々は思いっきりスクラブで綺麗にしたい衝動にかられたりもしますが、この肌状態を保ちたいのでなんとか我慢しています。

にきび用の薬用化粧水を使っても一向によくならなかったあの日

思春期辺りからニキビに悩まされて、お化粧をしないと、ポツポツが目について、それに跡が残っているところもあり、とても悩みました。テレビのCMなどで見かける薬を使用したり、にきび用の薬用化粧水も使ってみましたが、一向によくなりませんでした。

 

食生活も気をつけてみたのですが、改善するようすは全くなく、鏡に映る顔が怖くて、憂鬱な毎日でした。ニキビ対策用の化粧水やクスリ屋さんで買えるようなにきびの薬は当然使ってみたけれど、良くなる兆しも見られず、そのままの状態が続きました。

インターネットで、にきびでも皮フ科を受診したというのを見つけ、すぐに受診してみました。当然、病院でもらう薬の方が効果があって、さらに、ビタミン剤も処方してもらい、改善される兆しを徐々に感じることができました。もっと早く行けばよかったと反省しています。

 

数ヵ月したらあまり気にならない程度に改善されました。お肌の問題に関しては、自分だけで何とかしようと思わず、皮フ科を受診されるのが良いと思います。

市販で売られているような用な薬は症状が重度でなければ治る可能性もあるかもしれませんが、やっぱりちゃんと処方されたものが一番効くと思いました。

 

私自身が美容で頑張っている事は、揚げ物などを少なくしてお野菜を多く摂取する事です。私は今まで肉料理や揚げ物ばかりが好きで食べていましたが、年を追うごとに胃にもたれるようになり、最近はサラダやフルーツなどといった健康的なものを摂取しているのです。

また、今までは安価なスキンケアを使用していたのですが、先日サロンのお店で買ったローションやパックをするようになりました。

 

わたしはサロンへ行く前は、クレンジングと洗顔、化粧水でおしまいだったのですけど、エステに行きだしてから、そこで買ったメイク落としをして洗顔、ローション、コラーゲンパックにミルクでお手入れするようになったのです。

面倒臭がり屋のわたくしには、化粧品を沢山使わないとダメなので大変なのですが、もっちり肌になりたいですしきれいなお肌になるので、継続できています。

これからも体に良い物を食べて体の内側からキレイにして、サロンで購入した基礎化粧品を使い、外見もキレイになれたらなと思っています。

ストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまう

今の世の中に生きているからには、私たちは何かとストレスを受けやすい環境になっています。さらに、そのストレスはわたしたちの精神のバランスを崩してしまいます。

脳やこころに受けたマイナスの要素は、内蔵だけでなくからだ全体に良くない影響を与えてしまいます。食事が偏ったり、睡眠不足になったり、胃腸を悪くしてしまったりします。

 

結果として、肌にもよくない影響があらわれて、肌荒れをつくる原因になってしまいます。

そんなわたし達だけど、なるべくストレスを軽減し、発散させ、肌にとっても健康的に過ごしたいと思っています。

 

お仕事が終わったら、好きな音楽を聴いたり、睡眠をとるようにしたり、バランスの良い食生活を心掛けたりして、ストレスから解放されるようにしていけば、万が一ストレスを受けるようなことがあっても、肌への影響も大きくならないと思います。

ストレスが無くなるように、でも却ってそれがストレスになって、お肌にわるいことがないように気をつけていきたいと思います。

 

姿勢が悪いと見た目年齢が上がります。ですから、自分は出来る限り外出時には背筋を伸ばすように気をつけています。

 

私は20代の頃、「正しい姿勢」とは程遠く、いつも猫背気味でした。そのことを説教された経験まであります。だけど、実際年も取っていなかったのもあって、たいして注意する気にもなれませんでした。

 

年齢があがるにつれて、姿勢が悪いとおばさん感が強くなるし、関節痛の原因にもなってしまいます。自分は長いこと、腰に痛みを抱えているので、ことさら正しい姿勢を保つようにしています。

ここのところは出歩いていても、ガラス張りのお店の前等を通ると、ついつい歩行姿勢を見てしまいます。無理して姿勢矯正をしようとすると、少し変な歩行になっている気がします。

 

まだまだ歩行姿勢は改良の余地がありますね。意識的に姿勢を改善しようとしないと、いつの間にか前肩になってしまい、「腰が痛い!」なんてことになります。

現代の年配の方は皆さん背筋がピンと伸びていますよね。正しい姿勢を保っていると、いくつになっても健康的で美しくみえます。あたしも背筋が伸びた老婦人になれたらいいなぁ。

体質が変わって両手の指から汗が出てきます

汗が出るほど暑い時は、両手の指から汗が出てきます。首筋や額などほかの箇所からも発汗しますが、すごくベタベタっとするのが手の指なのです。

 

若い時は手の指から汗がでてくるなんて基本的にありませんでしたが、年齢が上がると体質が変わってきたようでわたし自身の悩みどころになったのです。

指から汗が垂れるくらいではありませんが、あたかも唐揚げをグッと掴んだ時のような感覚があります。

 

非常に暑い季節は、私が良く触るようなものは湿っている感じがあるのです。

例を挙げると、スマホは常時ネチョッとした肌触りがしてしまうのです。汗を拭いてから携帯を操作するようにしていますが、ずっと使っていた場合いつの間にか発汗していて電話がベチョッとしているのです。

 

他にも、財布も家に戻ってからティッシュで拭きとらなければならないくらいベタついているのです。

お友達に相談したら「気にし過ぎてるんだよ」と言っていたのですが、実際に使った後のスマートフォンに触れて貰ったら私の悩みを分かってくれました。

 

汗の悩みはずっと前から頭を抱えていて汗の量は多分大変多いと思っています。仕事上コンサートでドレス姿になることが多いのですが、脇とかうなじに汗をかきやすく、汗が染みになってしまう事があり頭を抱えていたのです。

 

しみの目立たない生地を着るようにしたりインナーに袖の短いTシャツを着たりして少しでも汗をかきにくい方法をやったのですけど、汗をかく量が多過ぎて対策してもあまり意味はありませんでした。

 

だから、スーパーに行って、某メーカーの塗るだけで汗の発汗を抑える商品を買って試しました。

絶対に汗をかかなくなる訳では無いですが、常時発汗量の多い私の場合はだいぶ治まりましたし、ドレスの汗ジミも完全に減りました。

公演するときや重圧感のあるお仕事をこなす時など緊張した時にでる異色の汗は、暑さで出るアセとは違い自分で抑止することができないのでそのような時にはこのアイテムを持っていれば何とかすることが出来ます。

 

私は手汗の量がひどいので、文字をかくときは大変です。暑い季節に勉強をする時とか、鉛筆を持って何か大量の書き物をしている時にはかならず手汗をかいてしまうので、ペンが滑り落ちるので書きたくなくなります。

 

そのため、お勉強をしている時にしょっちゅう手を洗いに行き、保冷剤を手に取って手の平を冷ましてみたり、ハンカチで拭きつつ勉強するのですけど、どの方法も効果なしです。

勉強に集中したくても手が滑ったりして文字が書けないとか、手汗が落ちて文字がにじんだりするとやりたくてもできないので頭を抱えています。

 

冬場であれば掌に汗をかく事が無い為字も書きやすいのです。最近は子どもに母乳をあげるときに掌に汗をかいてしまう為、ベビー服が汗で濡れてしまう為困っているのです。

 

汗というものは止めようと思っても止まらないものですね。だけど、手にかく汗の為にエアコンをつけるというのも嫌ですし。

皆はどんな風なのかななんて思いつつ、差し当たり何かしらで手汗をかかないように足掻くしかありません。

汗対策サプリのアセカラット

美容トラブルの元になる内的ストレスをためない

綺麗になる為に考慮している事は内的ストレスをためないということです。直接美容面に関わるかは個人によって差がありますが、私の場合はウップンがたまっていると肌にブツブツができたり、何となく食生活も乱れてしまうのでストレスは美容トラブルの元なのです。

心なしか「ストレス」を抱えていないとキラキラしている感じがして明るさをまとった空気感が出る気がします。そうなるためには内的ストレスのなくし方が重要になります。

 

私はイライラバロメーターが上がってきたらやりたい事を夢中でやってストレス発散をします。そんなにのめり込める趣味が無い人でも、これなら楽しめそうということを行うだけでもちょっとは息抜きになるはずですよ。

じょうずにストレスをコントロールする事によってそれが結論として「美」につながっていくのです。

 

ともかく心の表情は容姿にも出がちになるので気を配らなければならないのです。年を取っても健康的なご婦人は、確かに何かしら自身のためになることをしている人が多いので、そういった意味合いでもメンタル面を向上させるということは大事ですね。

美容において気を付けていることは、ワクワク出来る楽しい事が無いかと探すことです。美容とはかかわりが無いように思う人が居るかもしれませんが、関係があります。

 

試してほしいのですが、表情に表さず頭の中を空にしてみてください。次に、何かウキウキするような楽しい事などをイメージしてみてください。目元の筋肉が多少動くのが分かりますか?

今度は、ホントにやってみる。そしたら自然にニッコリ顔になります。

それから次は頬や口の周りの表情筋が動くのがわかると思います。無表情では使われない筋肉が、嬉しくなるような気分になることで表情筋を鍛える事になるとわたしは考えているのです。

 

1週間程度では違いを感じられないと思いますが、何十年も経った時には差が出てくるとおもっています。それと、ワクワクする事を考えると表情筋だけでなく目にも生き生きとしたエネルギーが表れます。元気な目をした人は体の中からイキイキしているように見えます。

スキンケアよりももっと基礎の部分で美の基本になると思うのでやっています。毎日楽しく過ごせています。全くお金はかからないですし、直ぐに実行できます。ちょっと試してみませんか?

長袖になる冬ならではの気のゆるみ

今は冬だから長袖なのでという気のゆるみがありますが、手のひじ裏の黒ずみには要注意です。

毎日の入浴時には必ず垢すりで、こするのですが何故毎日よれて出てくるのと思う程、ザラザラ手に触れるものがあります。

 

うっかりして怠るとひじが黒ずみます。鏡で前を見てもすぐに確認できませんが、他の人からは、ひじ裏は後ろから丸見えです。黒ずんだ横筋が見えたら最悪です。

 

足の膝頭も同じですが前から自身で確認できるので注意しようがありますが手のひじ裏はすぐには見えないので何時も意識しているつもりでも、入浴時の時を除くとほとんどなく、見落としがちのポイントです。

仮に外出直前に気が付いたとしても対処は十分に出来ません。入浴した時に、ゆっくり湯につかり時間をかけて体を洗た時でさえ、ひじ裏が一番最後になり、省略されてしまうこともあるくらいです。

寒い時期足のかかとと同じくように必ずこすると決めて入浴のルーティーンを作り、習慣化するといいと思います。

 

まだ若い頃は気にならなかったのですが、ここ最近は美容の事に関してはまず最初に保湿が重要だと思うようになりました。

年ごとに、お肌のうるおい感が失われていっているのは感じていたのです。

 

元々、年が上がることでの水分量の減少、夏の時期は冷房、冬は暖房が効いている事務所で働いているが為に起きてしまうお肌の乾燥、夏の日焼け、冬の乾燥などなど当たり前のように肌が乾燥する境遇で毎日生活しているので、補充していかなければどうにもならない状態だったのです。

 

また、乾燥はシワになる原因になってしまいます。そのためには保湿が大切です。少し値段が張りますが、少し前からスキンケアを保湿力の高い物にしてみました。

高級化粧品だから良いということではないですが、ずっと若い人が使用するようなお化粧品をいつまでも使っていても駄目なので、年齢に沿った化粧水等を使用しています。

 

そうしてみたら、ちゃんと効果を感じる事ができ、しっとり感があってカサカサ肌になるのを防ぐことができていると思います。そのせいなのかは分らないのですけど、私自身が言うのもおかしいのですが、良い歳なのですが「シワ」はないほうだと思います。

肌が潤うと化粧のりも違ってくるのです。保湿は本当に重要だと思います。

内からの美容-便秘解消のための食習慣

いくらメイクが上手でも、便秘で肌の状態が悪ければお化粧ものりません。便を溜めて腸内に悪玉菌が増えると、活性酸素の発生にもつながってしまいます。

 

そこで日頃から食物繊維を摂るよう心がけています。

食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。食べ方はサラダもよいですが、生野菜だと繊維の総量も少ない上、栄養や繊維の種類も偏りがち、しかも腸を冷やしてしまいかねません。

 

そこで、具だくさんの野菜スープにして毎日食べています。秋冬の定番は根菜汁や粕汁、ポタージュなどです。

これなら水溶性が豊富な海藻系やこんにゃくも、不溶性が豊富な根菜類やきのこ類も一度に摂れます。

3~4日分の量をまとめて2種類作り、食事の時は温めるだけです。飽きませんし、腹持ちもよいのです。

 

大根の葉に含まれる食物繊維は根の2~3倍、捨てずにポタージュにします。また切干し大根にすると食物繊維の含有量は生の状態の約15倍、大根が旬ではない夏場も切干しの味噌汁を毎日いただきます。

 

私はこれで便秘を解消しました。たまに飲み会でハメを外しても、旅行で便秘になっても、この習慣のおかげですぐにリセットできます。便秘だった頃のような肌トラブルや足のむくみもなくなりました。

何より、野菜が大好きなので楽しく続けられます。