体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませる

毎日のように続けていることは洗顔するのを忘れないようにすることと、体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませてから眠ります。

顔を強く擦ってしまうと肌に大きなストレスがかかるので優しく洗うことと、冷水や熱い湯での洗顔はしないぬるま湯で洗顔をすることです。

朝と寝る前はストレッチをします。

身体の血行をよくし、首筋から肩をマッサージして血液の流れを良くして寝ます。

自律神経の交感神経と副交感神経の働きを正常化するとよく眠れるからです。

このとき浮腫みも取って、体の全てのホルモンバランスが崩れないようにするためです。

食生活は、夜の炭水化物(ご飯)は少しにしておかずをたくさん食べます。

朝は、決まってタンパク質をとり、サラダは生キャベツをしっかり噛んで食べます。

まず最初に野菜を食べて次にたんぱく質、そして炭水化物の順に食べています。

飲み物も牛乳ではなく豆乳飲料を飲んでいます。

時々チーズやヨーグルトを食べるようにして乳酸菌も取るように心掛けています。

 

潤った肌にするためには、十分に保湿をする事がポイントになります。

キチンと保湿対策を講じているつもりでも、お手入れ方法が違っていたら無意味ですよね。

正確なお手入れ法を知る事で、お肌に保湿力が回復し、モチモチ肌になります。

保湿ケアのアイテムと言えば、美容化粧水ですね。

たいていは化粧水の容器の裏に「五百円玉ほど」という表現で結構な使用量の目安が記載されていることがあります。

そんな時、記載されている使用量よりも少ない量しかつけないこともありますよね。

しかし実はそれは一回分の総量なんですよ。

最初に満遍なく顔に塗布したあと、カサつきを抑えたい場所に再度使用します。

そのように、カサカサしているところに塗り重ねていくうちに、結果的に書かれていた使用量以上の量を使用していることになります。

そんな訳で一度に使う量と決めず、幾度か塗っていき500円玉くらいの分量をつけることが正しいのです。

容器の裏側に使用量の記載があれば、その量を塗布する事で、そのローションの機能性が高まるというわけです。

という事で、必ず利用方法を見て目安として出ている分量を使うことが重要です。

 

美しい容姿作りの為に注意を払っている事は、やっぱりお野菜&快眠ですよね。

やっぱり野菜中心の食事と十分な睡眠は、美肌作りには不可欠だと思います。

あたしの考えでは、「美しい容姿作り」は「美肌作り」からみたいなところがありますので、やっぱり皮ふを良好に維持する事は美しい容姿作りの為には欠かせないというわけです。

また、美しい肌になる為には、いかに値の張る化粧水や乳液でお手入れしてもたいして意味がないことなのですよね。

お野菜&快眠が欠落しているのなら。

どんなにすごいクリームなどでケアしようとも、不十分な野菜の摂り方ですとお肌はすぐにブツブツとなってしまいますから。

ちょっと1日ぐらい揚げ物を過食してしまい、また野菜不足になっただけで、翌朝には大人ニキビがお目見えしていることも。

更には睡眠時間が不十分だと、乾燥肌になっている事もしょっちゅうです。

とくに睡眠不足になりますと、お肌の内面から潤いが失われていく気がします。

という訳で、やっぱり「美容」においては「野菜」と「睡眠」が大切なことだと実感してるのです。

家にいる時でもUVカットのクリームを塗るように

美容に関して普段から気を付けいている事は日焼け対策と保湿です。

紫外線対策として普段から、外出時には日傘や帽子、サングラスを使用しています。

1年を通して、家にいる時でも、UVカットのクリームを塗っています。

さらに美容液は、しみやそばかすを防いでくれる美白成分の入っているものを使用しています。

夏はテカリやすくなるので、スキンケアでは油分の少ないものを使用していますが、空気が乾燥する時には保湿して潤いを与えるようにしています。

アンチエイジングや潤い効果の高い良質なオイルが入っている美容クリーム、セラミドを配合した美容液などでケアしています。

スキンケアと一緒に化粧品も、肌が影響を受けてしまいそうな石油由来成分を含まないものを使っています。

カルボマーなど、化学成分が入っていないメイクであれば、石油由来に比べて刺激の少ない植物由来の洗顔クリームでメイクオフできるので、うるおい感を残すことができ、十分保湿出来ます。

 

ずっと綺麗でいたいから不要な物は摂りません。

そしてキレイでいたいから早寝早起きをしています。

私自身が美容に関して気遣っている事はその程度です。

そのほかに何かをしても多分長続きしない。

いろんなことに手を出すと何もできなくなってしまうタイプなんです。

不必要なものを食べないように外食は最低限。

無意味に外食したりそういう機会は作りません。

バイキング形式のお店には行きません。

学生時代には友達や家族と半分コミニケーションのつもりで、残りの半分は食い気に走ってビュッフェスタイルのお店で食事をしていましたがやめるようにしました。

バイキング店で食べている最中も家に帰ってきてからも何か腑に落ちない感じがするのです。

払った分を取り返す為についつい必要以上に食べるのですが後悔の元だったのです。

いっぱい栄養を摂取できたと言うよりも「これは美容の為によくないのでは?」と思う気持ちが勝り後悔します。

年齢のことも考えレストランなど外食は避けるようにしています。

 

自分が「美容」に関して注意していること、それはお水を補給すること。

成人女性は一日の間に約2000Lの「水」を摂り込むと美容面に効くと聞いたので、それ以来なるべく日々約2000Lのミネラル水を飲むようにしています。

私は今31才、お肌の曲がり角といわれる25才をとっくに過ぎ、30才で出産を経験してからいきなり若々しさが失われたように思えます。

ストレスなども一因なんでしょうが、エステサロンに行ったり高級な化粧水を使用するのは無理です。

できるだけ簡単にそしてお金が掛からない美容術を探し求めてたどり着いたのが水分補給でした。

前までは「まだ20代」なんて思ってメイクにばかり力を入れ、それほどお肌そのものの美容について気に掛けたことはありませんでした。

ですがもうこんな年なので、今後はベースとなる「肌」を大事にしていきたいです。

それには先ず体の内側からメンテナンスしていくことが重要ですよね。

栄養バランスのとれた食事内容や全身の運動、快眠や笑顔を過ごすなど・・・、どう頑張っても子どもが小さいわたしにとってはなかなか実行できない課題ですが、約2000Lのお水を補給することなら育児をしていてもできます。

とりあえずはそこから、美肌ケアをしていくつもりです。

高額なコスメだとしても自分の肌に合わない場合がある

「スキンケア」の方法としてイメージするのは、矢張り美容エッセンスを用いるなどのスキンケアコスメによるケアではないでしょうか。

私も以前は兎に角そういったアイテムを色々買うのが楽しくていっぱい揃えていたときもあります。

だけど、幾つもの化粧品を使用してきて感じたことは、「肌タイプに合ったものでないと、高額なコスメを購入しても無意味なんだ」という事です。

現に、ファッション誌や商品レビューなどで評判になっているコスメでも、ホントに合う合わないがあって合ってないと結果も全く出ません。

私も何万円も無駄にして(涙)、勉強できたって感じです。

そんな訳で、近ごろは「食」に気を使うことで肌メンテをしています。

矢張り、「肌」は体の内側から出来ていくものですから、食生活もかなり大切なのです。

一番意識している栄養分は矢張り「コラーゲン類」です。

お肌にハリが出て、モチモチ肌になりそう!今はコラーゲン効果を期待して牛すじを使用したおかずが多めです。

これで結果が出れば良いのですが…。

 

「素敵な女性」「かわいい女の子」から連想するものは人それぞれですが、一般的に思い浮かべる条件、それは「良い匂いがする」ということです。

かぐわしい香りにはたくさんの利点があるのです。

まず、他人にあたえる印象です。

エレガントな香水や、柔軟剤やシャンプーのいい匂いをさりげなくさせている女子は、清らかなステキな女の人という印象を与えます。

オードトワレや、香り付き柔軟剤、ヘアケア用品は今では多種多様な品が出ていますので、好きな「香り」がきっと見つかるはずです!でも、「匂いの強さ」には用心してくださいね。

ことさら香水の香りが強烈ですと上品さを損なうだけでなく、電車やエレベーターなどで他の人のコロンと一体化して人を不快にさせてしまうこともあります。

気をつけて「ほのかな香り」レベルを保ちましょう。

そして、良い匂いは人に良く思われるだけでなく、自身にもプラスになります。

人は心地よいかおりに囲まれていると、ハッピーになります。

パフュームの様なお出かけの時のものに限定せず、お部屋の中も、ルームスプレーやアロマディフューザーなどで、自分の好きな香りで香り付けしてみましょう。

これだけでハッピーな気持ちになり、女度も一気に上がりますよ。

良い匂いをふわりと香らせて、周りも本人も心が弾む、魅力的な女性をになりましょう!

 

30歳になってから身体や心が変化していく事を一層感じています。

日々鏡を見た時にやれることをやろう、それからこれからもずっと女に産まれた事をありがたいと思ってキレイを維持していこうと思うのです。

そう思いながらわたくしが毎日意識してしている事を書きたいと思います。

まず最初にしっかり寝る事、あとできる限り早く寝る事です。

極力23時なる前に布団に入るようにしています。

朝早く起きる生活を心がけています。

それからあまり出来ていない事ですがまめに水分補給する事です。

寒い季節は乾燥しているのでお水を飲むのと肌が乾燥しないようにするために、保湿しているのです。

顔を洗う際には十分に泡立てて洗ってなるたけ冷水ですすぎます。

お湯ですすぐと一段と乾燥してしまう為です。

帰ったら即メイク落としをしてお肌を休めるように気を付けています。

食べ物に関しては糖分の過剰摂取をしないように気遣っています。

甘い物の摂取を習慣にしない様に気を付けてはいますが苛立たないよう食べたくなった時はちょっとだけ食べます。

できるんだったらもう少しフルーツを積極に取って、夏にやっていたランニングをもっと暖かくなってきたら再開させたいです。

 

あたしが「美容」に関して気を配っている点は、生活習慣を整えることです。

学生時代、夕方までは授業、深夜帯はコンビニ店員、という暮らしが続き、寝る時間や起きる時間やごはんのタイミングがかなり不規則でした。

そうした不規則な生活だと、頬ににきびとかが発生したり、お化粧が上手くいかなくなったりと、肌はどんどん荒れていきました。

赤ニキビなんかは、思春期ニキビの延長だろうと諦めていましたが、夜中のアルバイトをやめ、三回の食事と六~七時間の睡眠時間というのを習慣にしたら、ニキビなどが消え、友達に「いいスキンケアグッズ見付けた?」と質問されるくらい、美肌になりました。

よく、「生活習慣を見直そう」という文言を見掛けますが、それぞれの生活スタイルによってはままならない事もありますよね。

学生の頃は、洋服を買ったりするのに体が空いている夜にバイトをすることは、必要なことでした。

そして、就職されているひとは職種によって、勤務シフトに翻弄されることも多いでしょう。

わたしはそういう状況下では、しっかりと「それなりの生活習慣を作り上げる事」が肝心だと思っています。

1日のなかで3回、ごはんタイムをいつにするか、何時間寝る、とか、各自の暮らし方に合った、規則性を持たせる事が、肌のために良いと思います。

 

あたしが一番気をつけているスキンケアは日焼けです。

春の時期の太陽光は本当に紫外線指数が高くとても皮膚に悪そうです。

特にクルマを運転している時の紫外線ダメージはとてつもないです。

日焼け防止手袋は当然ですが首周りの保護も欠かせません。

面倒でコットンストールなど巻かないでいると、痒くなって真っ赤になり湿疹ができることもあって、自分の場合は特に梅雨入り前にその現象がやってきます。

肌が炎症を起こすとその場所だけ特にカサカサになってしまうので、首周りがシワだらけになりそうで怖いです。

という事でこの「春」に美肌術は特に力を注いでいます。

サンスクリーン剤は顔周り、首周り、手元にのばしてから、手袋、ストールをします。

あとは夜のケアでお肌のお手入れをキチンと施して、肌の水分を逃がさないようにします。

クレンジングで毎度不要な脂をとりながらの癒やしのマッサージ、あと、洗顔料はきめの細かい泡をつくり顔の上にいっぱいのっけて少々放置してから手早く洗い落とすという美肌術です。

スッキリして本当に気持ちが良いです。お試しあれ!

チェック⇒シズカゲル 口コミ

正しく汗をかけるようにカラダのコンディションを整える

汗についての悩みでよくあるのが、汗が多すぎるということです。

しかし、一般的に汗をかくような時に汗をかく事が出来ないのも、また困り者です。

汗はデトックス効果もあり、体温調節をするという面もあります。

だから、汗をかく事をそれほど嫌に思う必要はありません。

適切な時には、汗が出なければむしろ病気になってしまう事もあるのです。

そのため、正しく汗をかけるようにカラダのコンディションを整えるように努めましょう。

例を挙げると、半身浴も好ましい事です。

半身浴する場合に勘違いしてしまうのが、むやみやたらに高温のお湯をいれ、湯船からすぐに出てしまうことです。

お湯の温度が高いお風呂というのは、身体には良くないですし、そんな風にしていたら汗をしっかりとかくことが出来ません。

汗についての悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経に問題があることが考えられます。

適温のお湯にしっかりと浸かって、自律神経の乱れを整えてあげる事で、汗も正常にかけるようになるのです。

 

においに関する事は、指摘できないものですよね。

以前働いていた会社で、上司の体のニオイがとても臭いので、悩まされていました。

仕事においては凄くタフな人で、頼り甲斐がある男の上司でした。

たまに食事をおごってくれるなど、私たちの働きぶりを褒めてくれる、素敵な人でした。

だけど、猛烈なニオイがするのです。

これさえなかったら100点満点なのにと言えます。

他の部分で尊敬できる事もあるため、臭いの問題が余計に残念だと思っています。

1つはタバコがいけないのではないかと思っています。

1日に1箱以上嗜んでいたのです。

煙草の量が多い方だというふうに自覚していたようです。

ほどほどにしないと体に悪いという事は言っていたのですが、セーブしたり禁煙するということもありませんでした。

それと、コーヒーが好きでいつも飲んでいました。

この事もニオイとかかわりがあるのです。

体臭がある事で、その人の魅力という物は半減するどころか大量に減少します。

自覚を持って、ニオイがあるのかな?という風に思ったら直ちに対策した方がいいでしょう。

 

わたくしは主にわきに汗をかいてしまう為、年中、臭わないように気を使っています。

汗の色が目立ちやすい洋服を着た場合、パッと見で分かるのです。

職場の同僚に脇汗の事を指摘され、恥ずかしい気持ちになりました。

けれども、自分で汗をかかないようにもできないので、聞き流していました。

でも、相手目線で考えたら、自分の汗に対しては何も思いませんが目の前の人の脇汗を見るのは嫌悪感があると思ったのです。

私もホントは、人の汗はみたいと思いません。

体を動かした後の綺麗な汗でも、なるべく表面に出ないようなシャツが好ましいと思っています。

しかも汗の他に、その臭いもしていたら悲惨です。

わたしはニオイがしないように心がけていますが、人の体臭は特に気になってしまいます。

その為、自分は夏の季節は飲酒しないようにしています。

アルコールの成分は体臭になりやすいのですが、自分でそれを感じてしまったのです。

冬の時期でも体内から暖かくするために葫を食べると、暖かい屋内ではニンニクが汗のニオイとなってしまうのです。

そのため、一年中、汗と臭い対策は大事なのです。

 

人は就寝中でも年中、汗をかくといわれています。

寝具類の中では、まくらにおいては毎日カバーを洗った方がいいともいわれています。

寝ているだけだとしても人は汗をかき、それに、その汗においては絶対にニオイが付いてくるのですが、毎日となると面倒くさいので、消臭剤を使うなりして工夫しています。

汗をかくのは体温調節の役目があり、眠りについている時も体が体温調節を行っていると解釈できますし、生きていくうえで重要な生理現象なのです。

あと、人は陽のあるうちはよく体温を調整するようになります。

あたしは寒い冬はそんなに汗は出ないと思っていますが、寒い冬も人間は当然体温の調整をする為に汗をかきます。

冬の場合にはニオイってそれ程気にはならないのですが、夏の時期は自分自身がだす汗の臭いに自分としては、受け入れたくない気持ちになるのです。

言うまでもなく汗をかいていると感じるワキにおいては前もってスプレーをぬっています。

ですが、それをしていても数時間おきに汗をぬぐわないと匂ってしまうのです。

さらに、わきの箇所の他にも全身で発汗するので、全身汗臭くなるのです。

そうした場合にはタオルを濡らして身体を拭いているのですけど、仕事の合間にあまり頻繁にはできないので困っています。

まわりにも大変な迷惑をかけているのではないかと思っていますが、これについてはどれほど予防対策をしても100%防げるものではないと思っています。

最大限一生懸命行っていますが、申し訳ない気持ちは募るばかりです。

日常的に全身運動をしていない人でも気負わずにやれるのがウォーキング

スキンケアの一環として、全身運動をする事はとてもおすすめです。

運動と言っても、身体を鍛え抜くようなものではなく、是非やって頂きたいと思うのは、「ウォーキング」です。

過度な筋トレなどですと、三日坊主になりかねませんし、却って体に負担をかけてしまうこともあります。

でも、ウォーキングエクササイズは「有酸素運動」なので、体に負担がかかりにくいので、日常的に全身運動をしていない人でも気負わずにやれるのがお勧めポイントでもあります。

「美肌」のためにはやっぱり「自律神経バランス」を良くすることが大切です。

その自律神経バランスを整えるのに効果があるのが、「歩くこと」なのです。

歩行運動をすることで、「自律神経バランス」が整い、睡眠リズムも良くなり、良質な睡眠を得ることができます。

快眠であれば、色々な肌の問題が解決します。

他にも歩いていると、血液の循環がよくなって、顔の血色も良くなります。

ウォーキングエクササイズをすることで、肌に現れる効果はこれだけではなく、まだいっぱいあります。

「歩くこと」はお肌の為になるだけでなく、女の人にとって魅力的な効き目が数多くあるので、皆さんに試してもらいたいです。

 

以前は体のニオイなどで悩むことなどなかったのに、近ごろすごく脇下の匂いが気に掛かるようになってきました。

きっかけは、脱毛エステで脱毛しはじめてからです。

脱毛専門店に通い始めて1年と3ヶ月。

夏になると、どことなくわきが臭がする。

ちょっとドキドキしながらも、御手洗いに行ったついでに、わき下をふいてチェックしてみると、まさにわきが臭があったのです。

とてもびっくりしました。

その日以来、脇汗が出る度に、ワキ汗を拭いて脇臭チェックをするのが習慣化してしました。

周りに人がいると本当に気になるようになってきました。

ナースなので力仕事で発汗はするし、他人と触れあう機会も多いので放っておくワケにはいきません。

ある日、友達から海外のおみやげで貰った、ローラータイプの制汗剤を塗ってみました。

それを使用すると一切ワキガが気にならなくなりました。

日本で売ってるかな?と薬局に行ってみたら同じタイプのものは結構発売されていました。

このデオドラントがあるので今の私は助かっています。

冬もちょっと脇で発汗があると気になっていたのですが、このコロコロのおかげで現在は臭わなくなりました。

 

どれ程高額な美容液などをたっぷりつけても、どんなに栄養が含まれているサプリを飲んでいたとしても、眠りに勝てるお肌のケアはないと思います。

何時から何時間くらい眠ったかで、次の日のお肌の調子が決まってしまいます。

大学生のころまではどんなことでも若さで頑張れていたので、テストや受験のために朝まで起きていたことも日常茶飯事でした。

そういったときでも、とくにお肌の調子がそれほど悪くなることもありませんでした。

影響が出ても下まぶたにちょっとだけ睡眠不足によるくまができたくらいかな?今さらですが睡眠の良し悪しが素直に顔にあらわれるという現実を知らされました。

必ず次の日までにやらなければいけないことがある時は、なるべく早めの時間に寝ることにしています。

それで次の日の朝早く起きます。

やることを済ませてから安心して眠りたいという思いも前のあたしにはありましたが、今となってはそうするよりも体の方を大事にしようと考えるようになりました。

わたくしが使っている化粧水はいつも千円そこそこのものばかりです。

サプリメントも必要を感じたときだけマルチビタミン剤を摂取する程度です。

健康的な体とお肌をずっと維持していく為にはやっぱり眠ることが一番だと思います。

 

VIOライン脱毛の場合、ムダ毛の形や量をデザインする事ができると耳にした事があります。

カウンセリングの時にその事を相談できるらしいのですけど、毛の量や形次第で料金は変わると思います。

VIOを脱毛する時に形をデザインするのは別料金なのですか?あるいは追加料金は必要ないのでしょうか?それと形をデザインするのってかなりの腕じゃないと出来なさそうですが、そのスキルも心配なのです。

どんな人もちゃんとした形ができるのですか?そうではなくて専門の方でないとちゃんと整わないのでしょうか?Vラインの形は沢山あります。

やってくれる方のスキルによって形も歪になったり、きれいな形になったりするのなら大事な事だと思います。

やっぱり施術してくれる人に上手いか下手かはありますか?ビキニライン脱毛をしたいと思っているので知っておきたいのです。

ハイジニーナ脱毛は私が一番受けたい脱毛ですので分らない事は脱毛する前に理解しておきたいと思います。

参考:デリケスキンでデリケートゾーンのくすみとニオイケア【初回40%オフ】
URL:https://www.obeauty.net/

起床した時は汗まみれになってしまう

ここ最近暑いですが、私は朝起きるとすごく汗だくです。

クーラーもつけていますが何時間もつけっぱなしでいると身体には悪いので、寝てから2時間で切れるようにしています。

起床時間には既に部屋は暑くなっているので起床した時は汗にまみれています。

それだけであれば身体を洗えば終わる事なので簡単なのですが、毎朝そうなので知らないうちに布団の臭いが凄い事になっていました。

シーツと枕カバーの方は容易に洗えるので問題ないのですが、掛布団は容易に洗えない為どうやったらいいのか頭を悩ませています。

お洗濯ができない訳ではありませんが、風呂で浴槽に水を入れてそこで手洗いするほかないため厄介なのです。

それを毎回行っていたら布団の方が痛みそうですし、他に方法はないのかな?汗が出ないのであれば不都合はありませんがそれだけは自分では如何にもできないのです。

どうにかできないか悩んでいます。

 

汗というのは代謝をしてカラダには良い事をしているので有り難いのですけど、自分の場合汗をかく量が多くて、辛い思いをした事があります。

夏の季節は顔から汗がよく出やすく、冬の時期は手汗をよくかくという風にすごく大変でした。

額に汗をかく事で厄介なのが、洋服の襟の所についたり、目に入ってしまったり、紙などに垂れてしまって滲むとか…。

知らない人が心配してくれたのかタオルを渡されたりしたので、以来タオルなどをよく使用していました。

ワキの汗で厄介だった事は、シャツや洋服の脇の箇所が濡れてしまって目立つこととニオイの方も気がかりなので、消臭スプレーを使ったり、ボディソープなどを使って丁寧に洗うようにしていました。

手汗で困ったことは、夏だとそこまでかかないのですが、寒い時期だと物を持ったときに濡れていて滑り落ちたり、スマートフォンでよくやるのがアイコンをタップした際に誤作動させてしまうのです。

そんな訳で、汗は自分からしたら「体にとっては必要だけど厄介なものだ」と感じたのです。

 

汗の悩みというと、じっとりとしているだけじゃなく、ニオイの方もあると思います。

殊に男性の汗って、夏場に臭うものです。

クラブ活動が終わったあとの学生の更衣室などによくみられる、汗臭って不快感を呼び起こすものです。

何時間も経過した後の汗の臭いは、分泌物の発酵の臭いも含み、大変クサくなります。

ニオイって他人に迷惑をかけ、避けられる原因になります。

ですが汗臭というものには個々に差があり、自分では気づきにくいものです。

知らず知らずのうちに汗臭のせいで嫌われてしまうなんていう事もあると思います。

だから、汗に関する悩みを解決する為に、ニオイをどう対策するかというのは必要不可欠なのです。

制汗スプレー、アイスタオルまど、色んなアイテムが売っています。

だけど、本人に合った物を使用しないと裏目に出てしまう事もあります。

自分勝手な対策だと、汗やにおいの問題も解決できないのではないでしょうか。

周囲の人の客観的な意見も聞いて、汗の対策をしていきましょう。

他の人は背中のムダ毛処理をどうしているのか気になるところ

脇の下、膝下、ウデ、顔周り、指先、VIO・・・女子はムダ毛の始末にこんなにも配慮して生きているんだなぁと痛い程感じます。

とりわけ私は水着モデル業ではないのですが、マナーとして年中無休でムダ毛の対処は施しています。

そんな私ですがただ一か所全く処理していない所があります。

 

そこは、なんと、背面です。

正直な所他人はどのようにしているのかと疑問に思っています。

わたし自身ではまじまじと見ることが不可能な所ですが、間違いなく細かい毛が生えていることはわかっていますから。

 

けれども本当にセルフケアが無理な場所じゃないでしょうか。

剃ろうと思っても刃がとどかないんだものね。

中高生の女性なら、水着になる授業の時心配だからとママに剃ってもらうとかそういう方法は悪くない感じがします。

 

むしろ毛が濃いことを心配したり、悪口をいわれたり、その様な事になったら不憫ですから多感な時期の女の子をお持ちのお母さんは十分に気を配っていただきたいと願うのみなのです。

さて、自分の背なかに関することですが、エステサロンで全身脱毛するまでもないほどの「産毛」だという前提で、何よりも優先させる箇所から順を追って脱毛施術を施していくつもりです。

 

幼少期からわたしは毛深かったのです。

その時の両うでのむだ毛は薄茶色で肌が日焼けしていればあまり目立つことなく、処理なんてしないで放っておいたのです。

ですが中学になった頃は黒い色になって、どうしてか量も増えたのです。

勿論脚も同じ感じなので、仕方なくかみそりを使っていました。

 

働くようになっても処理はずっと自分で行ってて、自宅で使える脱毛器を手に入れてからは週に一度のお休みに念入りに処理をしていました。

だけどそれも辛くなったので、終いに某サロンへ、もともと会社のそばにあって、会社の同僚がそのサロンを利用していたので安心できると思ったのと、妥当な料金だったので初の脱毛に挑戦したのでした。

その結果は、脱毛して良かった!もっと早くに行けば良かった。です。

 

幸い私は肌が強いので赤くなることも全くなく、痛くもなくて、スグに終わるので仕事の合間の休憩時間に行くということもやっていました。

だけど、一般的な女性よりも毛深い私は普通の人以上に通ったのですが、自分でのお手入れをやらなくて済むようになったよろこび、毛が生えてこない事の喜びはこの上なく嬉しかったです。

 

両足・両わき・両腕と少しずつつるつるになるお肌がすごくうれしくて、これまで着た事がなかったキャミワンピを着たりと露出が怖くなくなりました。

貯めたポイントで指の無駄毛を脱毛出来たのがさらに嬉しいことでした。あのとき躊躇せずに脱毛に行ってよかったとすごく思います。

 

無駄毛を定期的にカミソリで自分でシェービングしたり、肌の上に出てきた毛をピンセットで1本また1本とコツコツと抜くのがとっても辛かったので、無駄毛の処理を簡単に済ませたいと思って、脱毛処理をしようと決めました。

脱毛処理はとても痛いと聞いたことがあったのですが、最近はほとんど肌を刺激したりつまむことなく、専用の機器で一様に光を照射してもらうだけで脱毛処理ができるので、安心していられます。

 

ライトを肌に照らしてもらうだけで、脱毛することが出来ます。

刺激というものも感じず、ジワ~っとかすかに熱が伝わっているのを感じる程度の刺激しか受けずに脱毛できて良かったです。

当初はワキ毛とVIOラインだけ脱毛するつもりでしたが、脱毛は痛さが皆無なことを知ったり、肌にダメージを与えないことも知ったので、最近は足や襟足も脱毛処理をしています。

 

脱毛施術を受けてからはむだ毛のお手入れをする間隔や回数も随分減ってきました。

脱毛する前よりクリアなお肌で明るくきれいな印象になってくれたので、周りにも好印象ですし、剛毛という不満も解消しました。

 

妹はエステサロンに通っています。通うようになってもう早3年になりました。

効果が現れる度にどんなふうなのか見せてもらっていたのですが、ある一定の時期まではサクサクむだ毛は無くなっていったのに、通っていくうちに無駄毛が減るスピードは遅くなっていったのです。

いまでは無駄毛はほぼ無くなっていますが、脇に数本ムダ毛が残っているのですよね。

 

妹に聞いたら「継続して通えばちゃんとなくなると思う」ということですが、脱毛に行くようになって3年も経つのです。

こんなにも経過しているのにまだまだ脱毛って終わらないものなの?と思ったのです。

こんなに通っても無駄毛が完璧に無くならないのって妹が変わっているのですか?それともまた誰もが3年以上施術を受けなくてはならないのですか?

すごく心配になりました。

 

私もいつかは脱毛したいと思っているのです。だけどエステにするかクリニックかで悩んでいます。

サロンは安いので魅力的だけど、完璧に無駄毛が無くなるのか、ひょっとして妹みたいに何本か残ってしまうものなのかそれをはっきりして欲しいです。

すごく気になります。

サイトタイトル:ミュゼ除毛クリームの口コミ効果評判は?敏感肌でも使えるって本当?
URL:https://www.saludytecnologia.net/

自身でもはっきり自覚できる嫌なニオイ

自分の体臭はよく分からないものですが、自身でもはっきり自覚できる嫌なニオイもあります。

朝から晩まで着用していた革靴から出た足だ。

臭いと言えば足のニオイですが、ワタシが実行している足臭対策は3個あります。

 

第一に靴ケアです。

長い時間履きっぱなしは良くないのですが職業柄そうもいかない。

とは言っても、適度に換気することは出来ると思う。

ランチの時や午後の休憩の時など、それから、汗ばんできたような時もちょっとだけ換気しています。

勿論、この間隔内で足のニオイがするようであれば換気はやめておく。

あと、家に帰ったら脱臭剤での靴のニオイとりも忘れない。

 

二個目は足の汚れをちゃんと落とす。

良い匂いのするシャワーソープで隈無く洗い上げています。

 

3つめが「ソックス」。

同じものは2度履く前に洗濯する。

当然の事なのですが、今はリセッシュなどの消臭剤が高機能なので1回履いたくらいでは洗わない人もいるとか・・・。

自分はまめに洗浄しています。

それだけやっていても臭い時には生活を見直していきます。

水を飲むことを意識すれば、割と体臭が減るように感じています。

 

友だちに「体臭」が強烈な男性がいます。

その人はサークルの仲間なのですが、元々発汗しやすいタイプで、近寄ってくると絶対にヤツの体臭がしてきます。

とりわけクルマに乗っている時はなかなかの修羅場です。

 

体質的にその友達が汗かきなので、車内をキンキンに冷やしているおかげで彼の体臭はまだましですが、それが車の中に充満しているので快適とは言い難いです。

こうなると窓を開けたいところなのですが、奴の汗が止まらなくなるので換気はなかなか出来ません。

 

彼はなんでこの様に体の匂いが凄いのかと考えると、それなりに日頃からお肉を沢山口にしているからなのかもなと推測できました。

その食べっぷりは目を見張るほどです。

食い放題の店だとステーキなどを何枚も口にしています。

食事量的には僕も負けてはいませんが、その友人にはもうちょっと野菜類を口にしてもらって、ちょっとでもにじみ出る香りを改善してもらいたいです。

 

顔が汗ばんだときに、すごく気に掛かる汗臭があるんです。

それは鼻近辺で、臭うくささです。

「皮脂の酸化臭」と考えられますが、においを嗅ぎ取る鼻周辺で発生している臭いです。

 

小鼻の所からにおってくるので、ダイレクトに臭いがきます。

このにおいは、前からとても嫌だと感じ続けています。

意識しているので、過剰に鼻をひくひくとさせながら臭いチェックをしてしまいます。

 

あたしは本当に嗅覚が優れた人間なのですが、そこがまた辛いところです。

私なりの羞恥心で、私はやんないなと思っていたことを近ごろするようになりました。

それは家での寒さ対策として、フェイスタオルを首元にまくという事です。

 

繊維の柔らかいタオルを用いると、寒さが防げて快適に過ごせます。

ネックウォーマーも沢山持っているのですが、在宅時には首元に巻き付けるのは「タオル」がいいのです。

それは良いのですが、首にくっつく事でタオルが臭くなってしまいます。

 

体臭がタオルからしてくるのです。
それじゃなくても洗濯もんが多いので、首巻き用のタオルは二日に一度の交換をします。

はじめは横に二つに折って使用し、二日目は一回目にお肌に触れていない所が肌側にくるように巻き付けています。

そんな首の臭いが臭いと思っているのに、このにおいを臭ってしまうのがまた不思議なものです。

レデオス 販売店

 

冬場になると特に気になるニオイのひとつとして考えられるのが足のにおいです。

ニオイ菌というのは高温多湿の環境で増殖するため、靴の中は湿気に溢れていて、それこそ菌の温床なのです。

雪の中を歩いてぐっしょりに濡れたくつをひと晩放っておいて、翌朝乾き切ってない状態で履いて行く、といった人たちも少なくないと思います。

 

でも、これではニオイ菌をいっそう繁殖させるので、凄まじい臭いになっていきます。

こうなったらお座敷で食事するお店はくつを脱ぐと臭いが漂うので行きたくないですよね。

臭いを防ぐためには、まず第一にくつは家に戻ったらきちんと乾燥させて、毎日同じ靴を続けて履かないようにすることです。

 

毎日毎日同じくつを履くと空気が通らなくなるので、定期的に新鮮な空気を入れましょう。

それから、足が濡れた状態も菌が増殖するもととなるため、足がサラッと乾いている状態で履き、くつに湿り気がこもらないようにキープする必要があります。

このような根本的な対策と共に、靴の消臭スプレーなどを一緒に使えば、よりくつを清潔ににおいの不安もなく履けると思います。

寒い時季はとくに蒸れるくつの中、ニオイ対策をするように今日からがんばってみましょう。

ダイエットに成功した友人の教え

夏までに3キロ痩せるなら、私の今の体格なら地味なことをすれば痩せられると思います。

歩くときにお腹や太ももに力を入れる、ちゃんと地面を踏み締めて歩く、これが大事と言ってくれたのは、ダイエットに成功した友人です。

 

少し前から実践していて、少し筋肉が締まった気がします。

あとは、食べ過ぎない、毎日体重を計る、家でもちゃんと面倒くさがらずに動くということでした。

それに「年を取るとだんだん基礎代謝量が落ちてくるからアミノ酸を摂った方がいい」と言われておすすめされたすっぽんサプリも飲んでいます。

普通のことだなと思いましたが、やってみると意外に大変で、毎日へこたれそうになっています。

 

ですが、諦めたら負けだと思い、結局頑張っています。

我慢しすぎると途中で止めてしまうと思い、特に頑張った日は好きな煎餅を食べたり、漫画を1冊買ったりと、ご褒美を忘れないようにしています。

未だに続けられているのは、自分にご褒美をあげているからかもしれません。

 

最近は身体が軽くなってきた気がして、とても嬉しいです。

夏に向けて、より一層、無理をしない程度に頑張っていきたいです。

 

加齢を考えると下り坂ばかり見つめてしまいます。

でも、体力も気持ちも加工するのは仕方ないこと。

 

それでも登山や、女性だけのサイクリングイベントなど、
新しいことにチャレンジし続けていると少なくとも気持ちだけは自信につながって上向きになれます。

 

それと、主人がきっかけで私も夢中になっている自転車は乗り物によって空中で体を動かすので体に負担の少ない全身運動。

ヒップアップや二の腕引き締め効果も得られるダイエットにも最適なスポーツなんです。

自転車に出合わせてくれた主人にも感謝の気持ちでいっぱい。

 

結婚前はがむしゃらに働き通しで、自分のことばかりで周囲に目を配る余裕もなかったし、生活を楽しむことも忘れてしまいました。

そのせいで体調不良も続き、更年期も引き寄せていたのかもしれません。

今は一日一日を丁寧に楽しく生きようと思えるんです。

 

その流れで生活や健康管理に対する私の意識も変わってきました。

今までは「体調を崩したら薬を飲めば」という考え方でしたが、
主人と暮らすようになって、健康のために食生活も見直すようになりました。

 

もちろん、今でもお肉は食べますが、普段はできるだけ体に負担のかからない自然な食べ物を摂るようにしています。

野菜を中心に海藻類も食べるようにしていますし、玄米などもたまに食べていますね。

 

ただ、あまりストイックになり過ぎるのは健康的にもよくないので、バランスをとりながら食事を摂っています。

美味しくて高カロリーなものを食べた次の日は、低カロリーで炭水化物をできるだけ取らないようにとか。

 

食事で摂れない栄養素はサプリメントで補ったりとか。

最近飲み始めた肥後すっぽんもろみ酢は黒酢の312倍もアミノ酸が含まれているんだとか。

飲み始めてからは疲れも取れやすくなって元気になってきた気がするので効果を実感しています。

これからも若い頃の自分を少しでも取り戻せるように健康面に気を付けていきたいですね。

【参考商品】肥後すっぽんもろみ酢

 

今年は暑くなるのが昨年よりも早いような気がします。

ということは、肌を露出するのも昨年より早いということです。

今まで服で肌を見せずに覆い隠していた部分を見せなければいけないという恐怖感でいっぱいです。

そろそろダイエットを開始しないといけないなと思っています。

 

一番気になるのは、ウエストです。

出産してからどうしてもお腹にお肉がつきやすくなってしまったので、腰をまわしたり横に振ったりして刺激を与えるようにしていますが、これだけでは間に合いそうもないので、便秘をしないよう食事に気をつけるよう心掛けたいと思います。

 

まず、野菜から食べると太りにくい体になるとテレビで放送していたので、サラダ系から食べていきたいと思います。

炭水化物のご飯系は最後の方がいいのだそうです。

本当はおかずと一緒にご飯を食べたいんですが、おかずを食べきった後にご飯を食べるのが効果的だそうなので、我慢して順番を守って食べていきたいと思います。

 

薄着になると体型もごまかせないのでがんばります。

最近話題のすっぽんもろみ酢も取り入れてなんとか代謝がよくなればと思っています。

 

夏を目前にして、私は大変焦っています。

焦っている理由は私の体の状態。

体の状態にと言っても病気というわけでなく、腹についた脂肪のことで焦っているのです。

 

夏はどうしても体の線がわかりやすい服装になりますから、私の脂肪がたっぷりついたお腹も外から丸わかり。

こんな状態では遊びに行けません。

だから焦っているのです。

 

でもそんなに焦っているのなら、ダイエットすればいいじゃんと思われるのでしょう。

でも私運動苦手だし、食べることでストレス解消をしているので、食事制限なんてもっての外。

 

楽をして痩せる方法って何かないのかしらと思っていたら、アイスごはんダイエットというダイエット法に目が止まりました。

このアイスごはんダイエットとは、冷たくしたごはんを食べてダイエットするという方法。

なんでも冷たくしたごはんの中では、ダイエットに効果があるでんぷんができるらしく、そのでんぷんの作用で痩せるらしいのです。

 

ちょっと眉唾的な感じもしますが、ホントに痩せるのだったらこれほど楽な方法はありません。

だって冷たくしたごはんを食べるだけですもん。

明日からちょっと始めてみようと思います。

 

疲労時には酸っぱいものが美味しく感じるものです。

実際、身体の疲労抜きに酸味の強い食べ物はよく効きます。

と、なると、お酢をたっぷり使った料理が食べたくなるものですが意外とお酢を効かせた料理ってあまりピンと来ないものだと思います。

 

個人的に、私が疲労時によく作るお酢メニューが揚げマリネ。

軽く下味をつけた鶏肉や魚に野菜などを揚げてから、調味料を合わせたお酢に漬け込んでいただくメニューです。

この揚げマリネ、揚げたことによる素材のジューシーさと身体に沁み渡る酸味の心地よさもさることながら、便利な点がいくつかあるんです。

 

一つは野菜とお肉類をバランス良く取れること。

しっかり身体に元気を取り戻させるには野菜も欠かせませんからね。

 

もう一つは、その調理の手間が一緒くたでいいこと。

一緒に揚げて、一緒のお酢に漬け込む。

これでいいっていうのが嬉しいです。

 

そして、作り置きも美味しいこと。

作り立てではなく、一日くらい深く漬け込んだお味もそれはそれでおつなもの。

ちょっと多めに作って「昨夜の残り」も味が変わって美味しいので、疲れて帰ってきた時にはありがたいものです。

疲労時のメニューに揚げマリネ、いかがでしょうか。

観て損はないタイムリープ作品「バタフライエフェクト」

私が観てよかったと思った映画は、「バタフライエフェクト」です。

この映画は、過去を変えようとすると違う所でまた歪みが生じる、まさに「バタフライエフェクト」という現象を題材とした作品となっています。

ある男性が愛する人を救うために、何度も何度もタイムリープを繰り返しますが、なかなか全てを好転させることはできず、その展開には思わず釘付けになってしまいます。

どんでん返しの連続で目が離せず、気が付いたら作品の世界観に引き込まれているような感覚です。
ストーリーのテンポが良いので、飽きずにずっと観ていられ、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

怒濤のクライマックスからのラストのシーンは非常に美しく、ミステリーでありながら、純粋なラブストーリーともとれるような、余韻が強く残る作品となっていました。

タイムリープものは沢山ありますが、これほどに完成度の高い作品はなかなかありません。
こうしたテイストが好きな人にとって、観て損はない作品です。

 

刑務所内の人間ドラマに感動しました

「ショーシャンクの空に」というヒューマンストーリーを描いた映画は、人間のあらゆる感情が集約されていて感動しました。

舞台は刑務所内で、終身刑をはじめとして長期刑を言い渡された囚人達が主役です。
自らの運命を受け入れられずに自暴自棄になってしまう囚人もいれば、運命を受け入れて趣味に没頭する囚人など刑務所内での姿は様々です。

そんな中でもリーダーシップを発揮し、仲間を支えようと助け合いの気持ちを大切にしようと奮闘する囚人もいます。

日常社会とは異なる独特な環境の中で繰り広げられる人間関係は、人の包み隠すことのない感情が表現されています。
職場や友人との付き合いの中で、多少なりとも感情をごまかして飾った自分を演じていますが、この映画を見ると人間の内面に潜んだ感情が浮き彫りになっているのを感じます。

自分の心に正直に生きることは現実的には難しい世の中ですが、この映画を通して自分の本来の内面に少し近づけたように感じました。

 

固定概念を覆された映画

中学生のころからたくさんの映画を観るようになりました。
いわゆるハリウッド映画というような、お金をたくさんかけて作るような大作を良い映画だと思ってみていたのです。
さすがに高校生くらいになると、そういった映画に飽きてきたというか、これはいい映画なのか?と思い始めました。

そんな頃、なんとなく選んで借りてきた映画が、私には衝撃的すぎました。

「恋する惑星」監督はウォン・カーウァイ、香港が舞台の映画です。
色が襲ってくるようなカラフルな映像美、躍動感、雑多な雰囲気、アジア感満載で、ストーリーはなんだかめちゃくちゃと言っていいようなものなのに、すごく新鮮でかっこよかったのです。
引き込まれるということを初めて体感しました。

今まで欧米文化しか認めないようなアジアに対するひどい偏見を持って生きてきたのに、まさかのアジア映画に釘づけでした。

20年以上前に観たのですが、いまだに初めて見たときの衝撃は忘れられません。
映画は自由なんだなと今までの映画に対する固定概念が見事に打ち砕かれた感じがしました。

世界の見方を変えてくれた映画です。
高校生のころにこの映画を観れて、ほんとうによかったと思います。

 

今見てもスタイリッシュなトゥルー・ロマンス

最近みて良かった映画は古いですが「トゥルー・ロマンス」です。
5年ぶりに観たのですがきっかけは昨年公開した映画「ベイビードライバー」を観ていてふと観たくなったからです。
ベイビードライバーは音楽がアクセントになっているクライムアクションですが、後半のロマンチックな展開はトゥルー・ロマンスを彷彿とさせました。

昔観たときは、暴力描写や破天荒ともいえる筋書きについていけずあまり面白いと感じなかったのですが、見直してみてよかったと思いました。

ひょんな出会いから、というにはあまりに粋でドラマチックな出会いから若い二人は結婚するのですが、こちらも恋愛映画でありながらクライムアクションの色が濃い映画です。

ドラッグ、暴力、殺し、と過激なシーンが多いため、血みどろ映画が苦手という人にはおすすめできませんが、見所の多い映画です。

主人公の妻となる元コールガールのアラバマはヤンキーっぽいキュートさがあり、派手な服装もとても似合い華があります。
脇役には、若い頃のブラッド・ピットや、今や名優と言っても過言ではないゲイリー・オールドマンがなかなかインパクトのある見た目で出ており、他にも実は今では有名人という人が多数います。

そして、なんといっても破天荒なストーリーが心地いいです。
現実にはあり得ないのですが、スタイリッシュに暴力や犯罪が描かれるのはゾクゾクするものです。

今や古典クライムアクションと言もえますが、力強くいい意味で乱暴な映画は、確実に非日常につれていってくれます。

>>近くにDVDレンタル店がないなら