体質が変わって両手の指から汗が出てきます

汗が出るほど暑い時は、両手の指から汗が出てきます。首筋や額などほかの箇所からも発汗しますが、すごくベタベタっとするのが手の指なのです。

 

若い時は手の指から汗がでてくるなんて基本的にありませんでしたが、年齢が上がると体質が変わってきたようでわたし自身の悩みどころになったのです。

指から汗が垂れるくらいではありませんが、あたかも唐揚げをグッと掴んだ時のような感覚があります。

 

非常に暑い季節は、私が良く触るようなものは湿っている感じがあるのです。

例を挙げると、スマホは常時ネチョッとした肌触りがしてしまうのです。汗を拭いてから携帯を操作するようにしていますが、ずっと使っていた場合いつの間にか発汗していて電話がベチョッとしているのです。

 

他にも、財布も家に戻ってからティッシュで拭きとらなければならないくらいベタついているのです。

お友達に相談したら「気にし過ぎてるんだよ」と言っていたのですが、実際に使った後のスマートフォンに触れて貰ったら私の悩みを分かってくれました。

 

汗の悩みはずっと前から頭を抱えていて汗の量は多分大変多いと思っています。仕事上コンサートでドレス姿になることが多いのですが、脇とかうなじに汗をかきやすく、汗が染みになってしまう事があり頭を抱えていたのです。

 

しみの目立たない生地を着るようにしたりインナーに袖の短いTシャツを着たりして少しでも汗をかきにくい方法をやったのですけど、汗をかく量が多過ぎて対策してもあまり意味はありませんでした。

 

だから、スーパーに行って、某メーカーの塗るだけで汗の発汗を抑える商品を買って試しました。

絶対に汗をかかなくなる訳では無いですが、常時発汗量の多い私の場合はだいぶ治まりましたし、ドレスの汗ジミも完全に減りました。

公演するときや重圧感のあるお仕事をこなす時など緊張した時にでる異色の汗は、暑さで出るアセとは違い自分で抑止することができないのでそのような時にはこのアイテムを持っていれば何とかすることが出来ます。

 

私は手汗の量がひどいので、文字をかくときは大変です。暑い季節に勉強をする時とか、鉛筆を持って何か大量の書き物をしている時にはかならず手汗をかいてしまうので、ペンが滑り落ちるので書きたくなくなります。

 

そのため、お勉強をしている時にしょっちゅう手を洗いに行き、保冷剤を手に取って手の平を冷ましてみたり、ハンカチで拭きつつ勉強するのですけど、どの方法も効果なしです。

勉強に集中したくても手が滑ったりして文字が書けないとか、手汗が落ちて文字がにじんだりするとやりたくてもできないので頭を抱えています。

 

冬場であれば掌に汗をかく事が無い為字も書きやすいのです。最近は子どもに母乳をあげるときに掌に汗をかいてしまう為、ベビー服が汗で濡れてしまう為困っているのです。

 

汗というものは止めようと思っても止まらないものですね。だけど、手にかく汗の為にエアコンをつけるというのも嫌ですし。

皆はどんな風なのかななんて思いつつ、差し当たり何かしらで手汗をかかないように足掻くしかありません。

美容トラブルの元になる内的ストレスをためない

綺麗になる為に考慮している事は内的ストレスをためないということです。直接美容面に関わるかは個人によって差がありますが、私の場合はウップンがたまっていると肌にブツブツができたり、何となく食生活も乱れてしまうのでストレスは美容トラブルの元なのです。

心なしか「ストレス」を抱えていないとキラキラしている感じがして明るさをまとった空気感が出る気がします。そうなるためには内的ストレスのなくし方が重要になります。

 

私はイライラバロメーターが上がってきたらやりたい事を夢中でやってストレス発散をします。そんなにのめり込める趣味が無い人でも、これなら楽しめそうということを行うだけでもちょっとは息抜きになるはずですよ。

じょうずにストレスをコントロールする事によってそれが結論として「美」につながっていくのです。

 

ともかく心の表情は容姿にも出がちになるので気を配らなければならないのです。年を取っても健康的なご婦人は、確かに何かしら自身のためになることをしている人が多いので、そういった意味合いでもメンタル面を向上させるということは大事ですね。

美容において気を付けていることは、ワクワク出来る楽しい事が無いかと探すことです。美容とはかかわりが無いように思う人が居るかもしれませんが、関係があります。

 

試してほしいのですが、表情に表さず頭の中を空にしてみてください。次に、何かウキウキするような楽しい事などをイメージしてみてください。目元の筋肉が多少動くのが分かりますか?

今度は、ホントにやってみる。そしたら自然にニッコリ顔になります。

それから次は頬や口の周りの表情筋が動くのがわかると思います。無表情では使われない筋肉が、嬉しくなるような気分になることで表情筋を鍛える事になるとわたしは考えているのです。

 

1週間程度では違いを感じられないと思いますが、何十年も経った時には差が出てくるとおもっています。それと、ワクワクする事を考えると表情筋だけでなく目にも生き生きとしたエネルギーが表れます。元気な目をした人は体の中からイキイキしているように見えます。

スキンケアよりももっと基礎の部分で美の基本になると思うのでやっています。毎日楽しく過ごせています。全くお金はかからないですし、直ぐに実行できます。ちょっと試してみませんか?

消臭フットクリームを利用して臭いを抑える努力

私自身は三十代で主婦をしているのですが、自分のカラダの臭いが気になって仕方ありません。

昔から少々ワキガがあります。

日頃からワキガには神経質になっていて、いつもワキガ専用のクリームを愛用しています。

ですが、人がたくさんいるところとか緊張状態に陥った場合クリームでケアしたとても止めようのないわき汗にはもっと悩まされます。

 

夏の暑い時期、薄着になるとワキ汗が染み出ると目立って恥ずかしいですし、その匂いも気になります。

薄着になることで、他の人にバレたくない、感づかれたくない私の体のコンプレックスをむき出しにしている気がして、余計に気分が落ち込むのです。

 

そんな私は、先日ワキガに効果のあるという石鹸を見つけたので、それを利用するようになってからワキガのニオイが少なくなった感じがしています。

ワキ汗が分からないようなわきを締めつけない洋服を選ぶとか、通気性のいい下着をえらぶとか、ちょっとしたアイディアで改められると思うし、自身の体臭にもポジティブシンキングになりたいと考えています。

 

私はそれほど「体臭」がする方だとは思っていませんが、周囲の人は臭いを感じている事もありますよね。

自分で把握出来るくらいのニオイを発していれば、それは相当強めの体臭という事。他の人に分からないわけがありません。

なかでも夏前などの蒸す時期、発汗の多い夏の時期は注意が必要ですね。私がなかでも自分自身で気を付けているニオイは脇部分です。

 

暑い季節はどうしても気になってしまいます。

梅雨入りしたころから、起床した時にササッと体を洗うようにしています。

そうして外出すれば、昼あたりまで体臭は感じられないのですが、午後になってくると徐々に脇臭が心配になってきます。

こんな時はデオドラント剤を用いてケアしますが、種類によっては体臭とブレンドされてしまい、独特の臭さになってしまう事もあります。

 

しっかりとしたアイテム選びもやはりキーポイントになります。昨年の夏はとても暑かったですよね。

このところ夏は猛暑日が続くので、取り替え用の衣服を常に携帯しています。

昼食後などに脇臭が気になってきたら、どこかしらで服を替えるようにすると脇臭も目立たなくなるようです。

 

ワタシは自身の足のニオイを心配しています。気がついたのは最近の話で、ギリギリ今のところ友人などに面と向って「ニオイがする」と注意された事はないのですが、あたし的には物凄く気に掛かっています。

最近は暑いし湿気が多いしで、発汗するからかなとも思いましたが、クーラーが効いた仕事場に一日中いる事を考えると、汗は無関係となります。

靴の通気性が悪いから臭くなるのかもと、メッシュの履物を購入して履いてみたりしていましたがそんなに変化はありませんでした。

 

少しずつ裸足になる事やミュールなどをはく事にも不安感が出てきてしまい、スニーカーを履くことが増えました。

履物を洗浄したり、靴下をこまめに新しいのに変えたりしててもあまり効き目はなかったです。

 

足の爪を短く切ったり、指と指の間を丁寧にあらうようにしていますが仕事から帰って足を臭うとやはり足臭があります。

ここのところは消臭フットクリームを利用して、臭いを抑える努力をしています。今後もっと気温が高くなるので、不安に思っています。

 

最近、仕事で得意先の事務所に足を運んだ際に、応対してくれた方から変な匂いがしてきたんです。

夏だという事とたぶんその方はさっきまで外回りでもしていたのでしょう、大量の汗を流していました。

それから、部屋全体にちょっと妙な匂いが漂っているようで最初から気になっていはいたんですが、どうにもその人が行ったり来たりすると、そのにおいがどんどんと広がっていくみたいです。

 

特に近いわけでもないのに、その担当者が動いたりすると特別強く感じます。

簡単に言うとアンモニア臭のようなツンとする臭いです。

「アンモニア臭」って事は、尿の匂いということでしょうか。

事実、前に仮設トイレのある道が通勤路になっていた事があって、その辺りの嫌な匂いと同じ感じです。

単純に中高年の体の臭いってわけでもなさそうです。部屋中に充満するくらいですから。

 

恐らく、何かで通院中か、内蔵に問題があるはず、具体的に言えば腎機能低下であるとか、すでに肝炎であるとか、そういうものが原因かも知れません。

クライアントなので、ほかの方にも言ったりできませんでしたが、私一人だけでなく、周りの社員さんも分かっているはずです。

だけど恐らく彼自身は気付いていないんでしょう。

 

自分自身は、幼いころから汗をよくかく為、夏の時期はとどまっていても汗が滴り落ちるくらいだったのです。

日差しを避ける為にぼうしを被ったら、頭に汗をかいてしまい、おでこに前髪がひっつくほどでした。

それから何年か経って、中学生くらいになると汗臭を気にするようになりました。

年頃にもなると、やっぱり異性の目を意識するので、多汗症だからといって汗臭を出していたら、イヤがられてしまうと思い汗と汗臭の対策をしようと考えてさまざまな事を試しました。

 

まずはじめに、制汗剤は吹き付けるスプレーと、お肌につけるタイプでパウダー入りの液体のようなものを使って汗を抑えていました。

その方法で多少は汗を食い止める事は出来ていました。

ですが、どうしても暑い時期は汗を止める事は出来なくて、吹き出してきてしまうので、シートタイプの汗拭きを常に持つようにして、発汗したら拭いていたのです。

 

それから、発汗する事で衣類がベタベタになってしまうとイヤなので、着替えも常に持って、いつでも洋服を着替えられる状態にしていました。

そしたら、すこしずつ汗に不安を感じる事もなくなり、ここ最近は代謝が下がったのか汗があまり出なくなりました。

だけど、そうなっても汗のにおい対策は行っています。

 

体から発する臭気は毎日の健康の具合や精神的なもの等によって、臭いやすくなったり、臭う度合いが変わってきたりします。

少し崩れただけで体臭問題が勃発する可能性が強くなるとも考えられていることから、身体もメンタルも健康でいることが、体臭問題解決の糸口になるかも知れません。

年や性別を問わず、心身の健康状態によって体臭問題の発生率が高まると考えられており、防臭ケアと共にヘルスケアも重要視されているのではないかと思います。

 

デオドラント製品などを使うことも大切ですが、臭いが出にくい健康状態を保つ事も重要視するべきとと言われるようになってきました。

心的疲労などがあると、一段と体臭の悪化しやすいようなので、ストレスなどを減らすことも大事になると考えられています。

これから先も体の調子や心的疲労などで体の臭いがキツくなる事に関しては、気になる人が多いと思います。

出来るだけ出歩く際は姿勢を良くするように

背中が曲がっていると老け込んで見えるものです。ですから、自分は出来るだけ出歩く際は姿勢を良くするように注意しています。

ワタシはむかし、「正しい姿勢」とは程遠く、前かがみで歩いていました。そのことを指摘されたこともありました。だけど、実際年も取っていなかったのもあって、あまり気に掛ける事はありませんでした。

 

加齢とともに、姿勢がだらしないと見た目年齢が上がるし、肩こりもひどくなってしまいます。私は長い間、腰痛持ちなので、とくに姿勢に気をつけるようにしています。

ここのところは外出時も、鏡やガラスなどがあると、何となく歩行時の自身の姿をチェックしちゃってます。頑張って美しい立ち姿にしようとすると、歩くのが自然な感じじゃなくなってしまいます。

 

これからも歩行姿勢は改良の余地がありますね。意図的に正しい姿勢を保とうとしないと、知らず知らずのうちに背中が丸くなってしまい、腰に負担をかけてしまいます。

近ごろの年配の方は背中が丸まってる人って少ないですよね。背筋が伸びていると、いくつになっても健康的で美しくみえます。自分も姿勢の良い年配女性になれるよう頑張ります。

 

肌は内臓を映す鏡とよく聞くので、美しいお肌になるためには内臓機能を強化する事がポイントになってきます。お肌は摂り込んだ食物の栄養からできています。その栄養を取り込むのが小腸や大腸です。

 

という事で、腸内環境を整えるように努めています。快便のために、繊維質食品をたっぷりと摂取するようにしています。「食物繊維」は水気を抱え込んで水ぶくれして「大きな便」となり、腸内を刺激して排便力を高めてくれます。

 

食物繊維量が豊富な食材は、野菜類、海藻類、果物類、キノコ類、マメ類など。お野菜は一日三回欠かさずいっぱい食すようにしております。

一日で両手に山盛りの量くらいは食べます。口寂しいときにはフルーツ類やアーモンドなどを主に口にしています。

 

ごはんは白いご飯ではなく、食物繊維が多い発芽玄米や十穀米などを炊いています。食物繊維量の高い食事内容にすることで、便秘とは無縁の生活になります。

便通が悪くって肌荒れがひどかった時もありますが、快便生活になったら肌トラブルも起こらなくなりました。内臓機能を強化する事が最優先事項だなぁと思います。

白髪の悩みはひとそれぞれ

もともと、家系的に白髪のない家系です。

その反対に、ハゲ易いタイプではないかと思うのですが、髪の毛は薄いほうです。

髪がよく抜けて女性であっても上のほうが薄いのが気になっていたのですが、白髪が50になっても無いのが自慢の一つでありました。

 

髪が薄くて、なやんでいるのに白髪までたくさんあったら最悪ではないかと思っていたところ最近一つ二つと、白髪が出来てきているではないですか?

最初は少し茶色ががった色の髪が増えてきたと思ったら、白髪があったりして、それでもまだ1、2本ではありますが、以前は一つもなかったのに出来ていたのでショックでした。

 

まだ、美容院で髪を染めないといけない段階ではないのですが、栄養を内外共に髪に与えて頑張って予防しなければと思わされました。

友達などは、たくさん白髪も増えて染めないとやっていけないと言っています。

いままでは、毛の薄いのばかりに気をとられていましたが、白髪にも気を配らないといけなくなり、本当に年を取っても髪くらいは若若しくありたいものです。
 

子供のころから白髪が多いのが悩み

私の髪の毛には本当に白髪がたくさんあります。

小学生のころからあり、大人になっても着々と増え続けています。

小学生のころは母がそれを気に病み、民間療法?で、しょうが汁やら何やらを混ぜた液体を頭に塗ってマッサージをさせられたりしていました。

大人になってからは髪を染め、目立たないようにしてきました。

 

ですが、今は私も家庭を持ち、自分の自由になるお金は独身の頃ほどありません。

ですから、髪の毛を染めるのをやめてしまいました。

一旦染めると、染めてない部分との色の違いで何だかみすぼらしくなってしまったりするので、中途半端に染めるなら染めないほうがいいかな、と思って。

 

ですが、染めていないと私の髪の毛は真っ黒です。

ですから白髪が良く目立つようになりました。

おまけに一本一本が太いので、白髪がくっきりとしています。

 

そのため、今日はこんな髪型にしよう、なんて髪型を変えることができません。

うっかり違うわけ目で結んだら白髪だらけの部分が露出してしまうからです。

そろそろ本腰を入れて、白髪染めに手を出すか悩んでいます。

 
赤ちゃんが生まれてすぐは、赤ちゃんのお世話にかかりきりで、自分のことにまで手が回らないものですよね。

ですので、産後一カ月ほどたつと急にやってくる抜け毛にはショックを受ける方も多いと思います。

 

私の場合ですが、生後一カ月になろうという赤ちゃんを抱っこしてあやしていると、赤ちゃんの上にはらりはらりと髪の毛が。

そうです。私の髪の毛が抜けて赤ちゃんの上に落ちていたのです。

すっかり忘れていましたが、産後には異様に髪の毛が抜けるものなのです。

たしかホルモンの関係で、出産直前には妊婦は髪の毛が抜けなくなり、その反動で産後に大量に抜けるのだとか。

 

気付けば、フローリングの床にも私の髪の毛が沢山落ちています。

鏡を良く覗いてみれば、額の生え際が明らかに薄くなっています。ちょっと涙が出ました。

半月ほどで抜け毛は治まりましたが、しばらくは、生え際から生えてくるピンピンと立ち上がる短い髪の毛に悩まされました。

髪の毛が元の状態に戻るまでは半年ほどかかったとおもいます。

 

ホルモンの関係で起こることなので、手の施しようがないのですが、頭皮のマッサージや頭皮ケアのサロンなどでケアしてもらうと、毛髪の生え換わりのサイクルが促進されるので、お悩みの期間が短く済むこともあるようです。

最近は抜け毛が気になる女性用の育毛剤もあるみたいですね。